2017/12/7【セミナー】NTTデータ主催「RPAビギナー向けセミナー」を開催しました。[報告レポート]

2017年11月14日(火)豊洲センタービルにて「RPAビギナー向けセミナー」と題しまして、RPAを最近初めて知った方やこれからRPAソリューションの導入を検討されている方に向けて、RPAの概要からご紹介するセミナーを開催いたしました。

当日は、ITproEXPOや、金融国際情報技術展(FIT展)、JapanITWeekにご来場いただき、名刺を交換させていただいたお客様120名余りの方にご参加いただきました。

 

 

「RPA概要・WinActor紹介」では、弊社営業担当の齋藤、安永、大浦から、RPAや「WinActor」についての説明と、シナリオ(ロボットに業務を実施させるためのワークフロー)作成の実演をいたしました。

 

 

齋藤からは「300社が導入したRPAツールとは」ということで、RPAブームの社会的な背景から始まり、その中でなぜWinActorが300社以上のお客様に選ばれているのか、RPAを入れるメリット、RPAツールを選ぶ際のポイント等を紹介いたしました。

続いて安永、大浦からは、自動化をするために必要なシナリオの作成方法を実演いたしました。

今回の実演テーマは「住所管理システムへの住所登録」ということで、既存のシステムに登録されている顧客の住所(旧住所)と、新しく取得した住所(新住所)を比較して、旧住所と新住所がマッチしていなければ新住所をシステムへ変更登録するシナリオを作成しました。

ユーザの操作をそのまま記録する「自動記録」のご紹介や、操作可能なアプリケーションのご紹介、また、便利な機能を合わせた「ライブラリ」等、シナリオ作成をするうえで必要な基本的な内容をご紹介いたしました。

シナリオ実装後、実際に自動実行している様子をご覧になり、驚いた様子のお客様や、これであれば自社でも適用できそうだと頷いているお客様が目立ち、シナリオ作成や実行の様子を具体的にイメージいただけたかと思います。

 

その後、再度齋藤より「WinActor」を導入する際のステップとして、トライアルや支援サービスなど、弊社および弊社WinActorパートナー各社が提供するRPA導入プロセスを紹介いたしました。

 

最後に祢木より、ご活用いただいている既存のお客様事例として、総合商社のお客様の「月次決算対応」や金融業界のお客様の「審査業務」における導入事例と効果を紹介しました。RPAはどのような業態でも効果を発揮していることや、導入は難しいものではないことを理解できたので、自社の決裁を取りやすくなった、とのお声も頂戴しております。

 

質疑応答では、実際に導入されようとしている業務に関するご質問や、トライアルの内容や費用に関するご質問、9月にリリースしたWinActorサーバ版と管理・統制ロボ「WinDirector」についてのご質問など、具体的なご質問がとても多く、本セミナーがRPAや「WinActor」導入に向けての検討のお役に立てたと実感しました。

 

今後もNTTデータは、NTTデータWinActorパートナー各社とのセミナー共催や、展示会への出展、研修・勉強会の開催など、RPAおよびWinActorの普及・浸透に向けた活動を推進していきます。

 

お問い合わせはこちら

株式会社NTTデータ
第二公共事業本部 第四公共事業部 RPAソリューション担当
prexifort@am.nttdata.co.jp / http://winactor.com