TOP アクティビティ

アクティビティ

  • すみません。回答ではないのですが、私の環境 Windows 7 & Office 2013 で罫線を 2 の二重線に設定して試してみましたが、下記のように正しく二重線になりました。スクリプトを確認しました[…]

  • kazu さんが新たに質問しました 11時間 51分前

    ATのサイトに掲載されているプチライブラリ、罫線の設定について教えてください。

    種類:線の種類を設定します。1~3の数字を指定してください。
       1…実線, 2…二重線, 3…点線
    とあるのですが、1と3は正しくその種類の罫線が引かれますが、
    2の二重線が実線になってしまいます。

    VBSに明るくないので、どこを直せばいいのかわからず…
    おわかりの方いらっしゃいましたら、教えて頂きたくお願い致します。

  • 通貨型四則演算を使用した場合、小数点3桁目から切捨て(91.78)となってしまうので
    以下の方法は如何でしょう?
    コマンドを使って、PowerShellで少数の四則演算をする方法です。
    コマンドプロンプトでは少数の四則演算ができないので
    PowerShellに計算させる仕掛けです。

    文字列の連結(3つ)
    文字列1: /c powershell -Command ”
    文字列2: 任意の変数(計算したい値)
    文字列3: *100[…]

  • プロパティで「A:C」などと入力すると複数列コピーが可能です。

  • taki さんが新たに質問しました 15時間 31分前

    基本的な質問で申し訳ないですが、
    エクセルの列のコピー&ペーストを行いたいのですが(A~AA列)効率的なやり方はありますでしょうか。
    03_Excel操作(列コピー)がございますが、列の指定が一つしかできないので、複数列コピーしたく質問させて頂きました。
    恐れ入りますが、ご享受頂ければと思います。宜しくお願い致します。

  • 仮に Chrome × Gmail で考えて[…]

  • 繰り返しのプロパティにあるカウンタや繰り返し回数などを使って上限回数を定めるのはいかがでしょうか
    繰り返しの中に指定時間待機を10秒などを設定し上限回数を12回にすることでおおよそ120秒間ほどは繰り返しを行うような処理が可能です。

  • サンプルシナリオとしてポップアップウィンドウの画面表示を
    待って処理を行うシナリオを公開しております。

    【サンプル】ポップアップウィンドウの操作について

    このシナリオのウィンドウハンドル取得部分を画像マッチングに変えることで
    流用できるかもしれません。
    参考まで。

  • 以前画像マッチングのタイムアウト上限を30分にするという回答を書いたことがありますが、参考になりますでしょうか。タイムアウト時間やループ回数を調整することでより短く調整することもできるかと思います。

    タイムアウトの上限値が設定されているので工夫がいると思います。下記のように、変数「画像マッチング結果」、「カウンタ」を追加して、画像マッチング結果とカウンタ(ループの中でカウントアップする)をループの条件に設定することで、5[…]

  • tanabe さんが新たに質問しました 17時間 52分前

    RPA初心者です。教えてください。
    IEのあるツールからデータを出力させる際、出力実行ボタンをクリック後、
    データの抽出完了が判定できる画像マッチングさせ、
    後続処理に進む後判定繰り返しのシナリオを描きました。
    基本的には1分未満で出力されるのですが、たまに2分以上出力完了できないときがあり、
    ひたすら判定待ちをし続けることがあります。
    ある一定時間もしくは回数以上となった場合、false処理へ移動させたいのですが、
    うまくい[…]

  • Gmailの利用方法によって利用するライブラリが変わると考えます。
    IEで表示する場合、
    Chrome等のブラウザで表示する場合、
    記載されているOutlook等のメーラーを利用する場合
    など。

    私の場合は、GmailではなくNotesでしたが、iNotesを利用し
    Web形式で表示できるようにして自動化を実施。
    メール送信、
    ファイルの添付、
    ダウンロード
    など
    基本的な操作は簡単に自動化ができました。

    好みになると思い[…]

  • hh さんが新たに質問しました 22時間 2分前

    はじめて質問させていただきます。

    Gmailを利用しており、定期的にメールをチェックして
    添付ファイルがあれば、それをダウンロードする処理を
    作りたいと考えています。

    標準ライブラリが豊富なOutlookの利用がベターだとは
    思うのですが、助言をいただけないでしょうか。

    よろしくお願いします。

  • マニュアルには以下の説明があります。
    WinActor_操作マニュアル.pdf
    ページ表記357(PDFではP.371)
    instance
    コントロールに割り当てられた通番を表示します。値は数値です。※基本設
    定のウィンドウ識別名でウィンドウを指定した場合0 となり、コントロールを
    指定した場合1 以上の数値となります。

    簡単に言うと選択した画面にある入力欄の番号となります。
    画面内に様々なオブジェクトがあり、入力欄はその中[…]

  • y_sano さんが新たに質問しました 22時間 45分前

    ノード「文字列送信」を使用すると、「対象特定種別が選択されていません」というエラーが表示されてしまいます。

    詳細タブの中にある3つの対象特定種別がどれも選択されておらず、「instance」を有効にする(チェックを付ける)と
    エラーが消えます。

    そもそも、こちら3つのメニューはそれぞれどのような意味を持つかご教示いただけますでしょうか。
    (過去の投稿にもそれぞれが何を意味するのかという質問が見受けられなかったので、投稿さ[…]

  • こんな方法もあります。

    読み込むデータがCSVファイルやExcelファイルまたはDB連携可能であれば、
    起動時にデータ一覧として読み込んでしまう方法です。

    起動時の読み込み方法はマニュアルを参考としてください。
    起動用ショートカットでも指定可能です。
    WinActor_操作マニュアル.pdf
    P.60 4.2 起動オプション
    -d datafilepath
    指定したデータ一覧のファイルを起動時に開きます。
    ※-f と組み合[…]

  • 保守性は良くないですが、以下の方法はいかがでしょうか?
    #kenji様回答の1次元配列のほうが良い気もしますが、個人的に配列データを用意するのが面倒でしたので。。

    ●変数の準備
    ・30件の変数名は「変数1」「変数2」…のようにしておきます。
    #値の内容が変数名から読み取れなくなるので、コメント欄や付箋機能でどの変数がどういった項目か分かるようにする必要があります。。
    ・読み込みたい変数名を指定するための変数と、読み込んだ結果[…]

  • 指定フォルダの移動や削除はコマンドとして存在するので比較的簡単に実現可能ですが、指定フォルダ配下のすべてのファイル(サブフォルダを含む)を移動・削除するには工夫がいります。
    以下スクリプトで実現する方法を考えてみました。
    ①指定フォルダ配下のファイル・サブフォルダを移動する

    srcFolder = !移動元フォルダ!
    dstFolder = !移動先フォルダ!
    Set objShell = WScript.CreateObj[…]

  • 複数の変数があらかじめ用意されていて、カウンタの値(1、2、3、・・・)によって使用する変数を変えていけないか?というご質問でしょうか。
    2つの方法をご紹介します。
    ①1次元配列を使用する方法
    30件の変数をすべて1次元配列に格納しておき、繰り返し処理のカウンタの値を1次元配列のインデックスの値として変数を取得するのはいかがでしょうか。下記のフォルさん回答がわかりやすいと思いました。

    ②「多分岐」を使ってカウンタの値に応じて[…]

  • Hikari さんが新たに質問しました 1日 11時間前

    初めて質問します。
    Winactor初心者です。

    マスタ登録などで、
    一回の登録に30件ほど項目数があり、
    すべて変数に格納→(クリップボードに変数から値取得→エミュレーションで貼付→タブで項目遷移)※()内を項目数分ノード作成
    としています。
    ()内の処理を、繰り返し処理に持ち込めないかと考えており、
    カウントの値などで、クリップボードへ取得する変数を変えていけないかと思っているのですが、
    そのようなノードはありますでし[…]

  • NTTATライブラリ「ファイル移動」にフォルダパスを指定することで、目的を達せるような気もしますが。
    できないという声もあるようですので別案です。
    「コマンド実行」ノードでも実現できるはずです。変数も指定できます。
    フォルダパス等を連結した変数を手前までに用意しておくと使いやすいと思います。

    ディレクトリの削除(RD, RMDIR)

    ファイルの移動とディレクトリ名の変更(MOVE)

  • もっと読み込む