TOPRPAコラム《導入事例》【NTTデータ購買部】 AI-OCR × RPAの連携で戦略調達の鍵となるデータベース作成を自動化

《導入事例》【NTTデータ購買部】 AI-OCR × RPAの連携で戦略調達の鍵となるデータベース作成を自動化

2021/01/14

導入事例

  • facebook
  • twitter
  • hatena

NTTデータ 購買部では、各部門が取った見積書を収集、製品やサービスごとに分類・データベース化し、BIツールを通じて社内に公開する仕組みを整えています。
このような戦略調達の鍵となるデータベース作成のため2019年から実施している、AI-OCRとWinActorを投入した時短とコスト削減の試みをご紹介します。

NTTデータ 技術革新統括本部 購買部 戦略調達担当 担当課長 岡田(左から2番目)と購買部メンバー

■導入業務

・AI-OCR「DX Suite」と連携させて、様式の異なる見積書を標準化、データベースに登録
・AI-OCRの読み取りエラーをチェック

■ポイント

・円滑なデータ活用の基礎となる、データベース作成を効率化
・外部委託していたデータ登録作業のコスト削減と時短が実現

続きを読む

その他のコラム

TOPページへ戻る