TOP【マーケットプレイス】ライブラリ

ライブラリ

WinActorで業務を自動化する上で有用なライブラリを紹介しています。
掲載カタログの中で、ライブラリファイルをご所望の際は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

* ご利用中のWinActorのバージョンによってはライブラリが動作しない可能性がございます。予めご了承ください。
* 一部のライブラリは、お客様の環境でカスタマイズ(ノード、スクリプト等の修正)を要するものがございます。
* 画面OCRライブラリ以外についての価格はお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

  • PDFから指定した分の文字列を取得する

    PDFファイルを開き、指定した文字列をクリップボードへ保存します。処理が完了すると保存した文字列をポップアップウィンドウ上へ表示します。

  • Excelの全シートを印刷する

    指定したExcelファイルのシートを、先頭から順に全て印刷します。

  • Excelから取得した値をInternetExplorerへ入力する

    指定したセルの値を取得し、InternetExplolerへ入力します。この処理は、Excelの指定した行から最終行までの行数だけ繰り返し実行します。

  • 特定フォルダに保存されているファイル数分処理を行う

    特定のフォルダに保存されているファイルの数だけ、特定の処理を繰り返し実行します。

  • パスワード付きExcelファイルを開く

    パスワードロックされているExcelファイルを開きます。

  • InternetExplorerの画面遷移を待つ

    画像マッチング機能を使用して、指定した画面が表示されるまでInternetExplorerの処理を待ちます。指定した画面が表示すると、処理が完了したことを知らせるポップアップウィンドウを表示します。

  • InternetExplorerから文字を取得する

    InternetExplorer上に表示されている文字列の中から、指定した文字列を検索し、クリップボードへ保存します。処理が完了すると保存した文字列をポップアップウィンドウ上へ表示します。

  • Excelの印刷画面を操作する

    指定したExcelファイルの印刷画面を開き、印刷設定を変更し、印刷します。

    【価格はお問い合わせください】

  • Excelのフィルタを使用する

    Excelのフィルタ機能を使って、画面上に表示させるデータを絞り込みます。

    【価格はお問い合わせください】

TOPページへ戻る