TOPニュース【メンテナンス・障害情報】標準ユーザー用インストーラでのアップデート時における注意点(WinActor v5.2.1, v5.3.0対象)

【メンテナンス・障害情報】標準ユーザー用インストーラでのアップデート時における注意点(WinActor v5.2.1, v5.3.0対象)

標準ユーザー用インストーラを使用してアップデートを実施する際、
以下のような事象を確認しています。ご確認をお願いいたします。

 

【事象】
管理者ユーザー用インストーラでインストールされたWinActorに対して、
v5.2.1もしくはv5.3.0の標準ユーザー用インストーラで
上書きアップデートを行った場合、登録されていた製品ライセンスが
無効になったような状態になります。
※評価版状態、もしくはライセンス失効状態になります。

 

【お客様へのお願い】
アップデートを行う前に、現在ご利用いただいているWinActorが、
管理者ユーザー用インストーラでインストールされたものか、
標準ユーザー用インストーラでインストールした、
もしくはZIP解凍版を利用して展開したものかご確認いただき、
それぞれに対応したインストーラ兼アップデートツールを
使用していただくようお願いいたします。

また、本事象発生時には、WinActorフォルダ配下の "reg.ini" ファイルを
別名にリネームして、WinActorの再起動をお試しいただき、
事象の改善が確認されましたら、リネームした "reg.ini" ファイルは
削除していただきますようお願いいたします。

 

【今後の対応】
本事象が発生しないよう、次期マイナーバージョンアップ版にて対応予定です。

 

お問い合わせ先 >

TOPページへ戻る