TOPニュース【コロナ対策応援プロジェクト第3弾】「スケジューラ登録」自動化ロボを無償提供

【コロナ対策応援プロジェクト第3弾】「スケジューラ登録」自動化ロボを無償提供

RPAの導入コンサルティングやサポートを手がけるロボフィス株式会社は、NTTデータと共同で、国内シェア1位のRPAツール「WinActorR」導入企業の規模別動向につき調査しました。

中堅・中小企業の方から「我々のような規模の企業でもRPA導入に成功できるのか」とよくご質問いただきますが、現状のRPA導入状況は、従業員300人未満の企業が4割以上を占めそれまでと比べて12ポイントも増加しています。

今回、ロボフィスとNTTデータは、そんな中堅・中小企業でもお使いいただける「スケジューラー登録ロボット」を開発しました。お客様のOutlook上のスケジューラーに、ロボットにより予定を登録させることが可能となります。また、修正を加えることにより、Outlook以外のスケジューラー環境にも適用することが可能です。

NTTデータ「コロナ対策応援プロジェクト」を通じ、NTTデータのWinActor特約店350社と共に、「スケジューラー登録ロボット」を無償で提供します。

「リモート化の推進にともない、メンバーやスタッフの管理のためのスケジューラーの作業が大量に増えて困っている…」
そんなお悩みをお持ちの方、必見です!

※本無償提供へのお申込みは9月30日までです。

詳しくはこちら

TOPページへ戻る