TOPニュース《サービスインフォメーション》RPA/AIで横浜市の保育入所関連業務を自動化する実証実験を実施

《サービスインフォメーション》RPA/AIで横浜市の保育入所関連業務を自動化する実証実験を実施

NTTデータは、横浜市保育・教育運営課事務処理集中センターにおける保育所等入所に関する「新規センター関係事務」について、RPAやAI-OCRの導入効果の検証を2020年10月から2021年3月まで実施しました。

本実証では、保育入所申請者の受付簿作成や申請書のシステム入力などを自動化し、活用効果を検証しました。実証の結果、申請書のチェック、システム登録で処理時間を短縮するなど、RPA、AI-OCRの活用が保育所等入所事務の効率化、正確性向上において有効な手段であることを確認しました。

今後NTTデータは、本実証実験の結果を踏まえ、2021年度以降の横浜市の本格導入に向けた支援を実施します。また、国が主導している将来の自治体システム標準化に向けて、全国の自治体の仕組みづくりを支援していきます。

■詳しくはこちらから

■実証の詳細について横浜市様のインタビュー記事はこちら

TOPページへ戻る