TOPニュース《事例紹介公開》大阪府豊中市 | 「デジタル・ガバメント戦略」を推進し、 職員の負荷軽減と住民サービス向上を目指す

《事例紹介公開》大阪府豊中市 | 「デジタル・ガバメント戦略」を推進し、 職員の負荷軽減と住民サービス向上を目指す

2021/09/09

導入事例紹介

少子高齢化で減少する労働力を補う意味でも、また新型コロナウィルスや自然災害のような、突発的で予測しきれない事態に上手く対処していくためにも、自治体にはスマート化に取り組むことが求められています。

本稿ではコロナ禍をきっかけに、デジタル化に向けて大きな一歩を踏み出した、大阪府豊中市の事例を紹介します。

■導入業務
・母子保健課などにおける紙の帳票のデータ化とシステム入力
・固定資産税課での名寄帳印刷業務
・会計年度任用職員の登録業務など、時期的にピークのある業務
■ポイント
・40業務で約5,000時間/年の作業時間削減に成功
・職員の労働力を住民サービスへ向けられるように
・自動化には専門企業の力を借り、職員の負担を軽減

■続きを読む

TOPページへ戻る