TOPニュースRPA BANK主催「RPA DIGITAL WORLD 2018」のご案内(11/22 ヒルトン東京お台場)

RPA BANK主催「RPA DIGITAL WORLD 2018」のご案内(11/22 ヒルトン東京お台場)

2018/11/01

イベント案内

セグメント様主催のイベント「RPA DIGITAL WORLD 2018」が2018年11月22日(木)に開催されます。

弊社は、13:30~14:30の「基調講演」に登壇いたします。ぜひお申込ください。

概要

イベント名

RPA DIGITAL WORLD 2018~Digital Robot Camp in お台場~

概要

本イベントは、RPA市場の主要プレイヤーが一同に会するRPA・エンタープライズAI国内最大規模イベントです。RPAに先進的に取り組まれる企業・団体様では、更なる生産性の向上を実現するために、他テクノロジーとの連携を通じた自動化対象領域の拡大、クラウドサービスとの連携方法、各業界業務における特有なRPA利活用、組織にロボットが増産された時のガバナンス対策など、RPAに対するニーズは細分化・高度化しています。本イベントでは、こうしたニーズにお応えするコンテンツを多数ご用意。もちろん、これからRPAに取り組まれるといった企業・団体様にも、より分かり易いコンテンツをご用意しております。

開催日時 2018年11月22日(木)9:00 ~ 17:30
受付開始 9:00~
会場

会 場 名  : ヒルトン東京お台場1F

住  所 : 東京都港区台場1丁目9-1 地図

最寄り駅 : 新交通ゆりかもめ 「台場駅」直結

      りんかい線 「東京テレポート駅」 徒歩約10分

      ※無料シャトルバス(東京ベイシャトル)をご利用いただけます。

参加費

基調講演 : 前列席チケット¥3,980(先着100名様限定/事前申込み制)

その他  : 無料(事前申込み制)

主催 RPA総合プラットフォームメディア「RPA BANK」(株式会社セグメント)
お申込み方法

WEBサイトよりお申込みください。

※「RPA BANK無料会員登録」画面に移動いたします。無料会員登録後、本イベントにお申込みいただけます。

特設サイト https://rpa-bank.com/event/digitalworld/tokyo2018-autumn/
本件に関する
お問い合わせ先

RPA BANKの RPA DIGITAL WORLD お問い合わせよりお問い合わせください。

 

基調講演

10:30 – 12:00 タイトル

急成長に伴い、増大する現場業務。マザーズ上場トップ3社が語るヒトとロボット(RPA)の協働を前提とした、業務設計とは

概要 近年、マザーズ上場を果たしたユーザベースグループの株式会社ニューズピックス、株式会社マネーフォワード、株式会社RPAホールディングス。いずれの企業もマザーズ上場企業の時価総額ランキングでTOP20に入る、急成長企業である。急成長ゆえ現場の業務増加は課題であり、特にバックオフィス業務は深刻な課題となっていた。本特別セッションでは、業務増加による課題を人員増加という形で対策を取らざるをえなかった事象に対して、各社が「ヒトとロボットの協働」を前提に、いかにして課題を克服しようとしているのか、取り組みの背景、過程、そして開発したロボットのデモ動画事例と合わせて語っていただく。※セション後半には、3社によるパネルディスカッションも予定。
講師

株式会社ニューズピックス 経営企画事業部 事業部長、株式会社NewsPicks Studios コーポレート 取締役 蒲原 慎志氏

 

株式会社マネーフォワード 経営企画・財務本部 財務経理部 杉浦 大貴氏

 

RPAホールディングス株式会社 経営管理部 部長 浦田 隆治氏

13:30 – 14:30 タイトル

RPAソフトウェアリーディングカンパニー5社が語る!日本の生産性低迷の理由、2018年RPA市場における課題と2019年の展望

概要 2018年、大手企業のみならず、中堅中小企業にも拡がりを見せたRPAの取り組み。一方で、RPAの取り組みが進む企業では、ロボット開発運用の人材不足、ロボット拡大時におけるロボット管理(ガバナンス)やセキュリティの問題など課題も顕在化してきた。本特別セッションでは、RPA市場トップメーカー5社に登壇いただき、日本の生産性が低迷する本質的な原因に対する考え、2018年に顕在化してきた上記ユーザー課題に対する見解と対策、そして2019年に向けた市場の発展に対する考えとアクションについてファシリテーターと共に深ぼっていく。
講師

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社 代表取締役社長 杉原 博茂氏

RPAテクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 大角 暢之氏

Blue Prism株式会社 マネージングディレクター、ジャパン 千原 寛幸氏

UiPath株式会社 クライアントソリューション本部 ディレクター 田邊 智康氏

ファシリテーター アビームコンサルティング株式会社 戦略ビジネスユニット 執行役員 プリンシパル 安部 慶喜氏
15:30 – 16:30 タイトル

働く事の本質をエキスパートが語る。AI時代の到来、ベーシックインカムの導入。働くことが「義務」から「権利」に変わる時代の「働く」を再定義する

概要 元Google本社副社長の村上憲郎氏は、近い将来働くことは「義務」から「権利」になると語った。これは、ヒトとロボットが協働する世界の到来と、ベーシックインカム導入が到来することを含んでいる。本特別セッションでは、AIやベーシックインカムに通ずる3人のエキスパートに登壇いただき、ヒトとロボットの協働によって、労働の定義が変わる時、働くことの定義はどのように変化し、働く事の付加価値はどのように生み出されるのか、そして組織の在り方はどのように変わるのか、それぞれの視点見解で語り尽くしていただく。
講師

株式会社幻冬舎 株式会社幻冬舎編集者・実業家 箕輪 厚介氏

株式会社XEED 代表・経営コンサルタント 波頭 亮氏

浄土宗善立寺 副住職 寺院デジタル化エバンジェリスト 小路 竜嗣氏

ファシリテーター 株式会社ワークハピネス 代表取締役 吉村 慎吾氏

ブレイクアウトセミナー(ルームA)

10:30 – 11:15 タイトル

RPA本格展開アプローチとデジタル部に求められる役割~RPA利用実態調査を通じて~

概要  RPAを生産性向上や働き方改革に役立てようとする企業が急増しています。本セッションでは、10月に実施した最新のRPA利用実態調査の結果をお伝えするとともに、6月の調査結果から本格展開における課題へ対応策を具体的にお伝えします。また、新たに開始された「クラウド型RPA」もご紹介します。最後に、多数のRPA本格展開を支援してきたアビーム考える、将来企業に求められる“デジタル部“の概要と役割についてご説明します。
講師  アビームコンサルティング株式会社 戦略ビジネスユニット 執行役員 プリンシパル 安部 慶喜 氏

11:30 – 12:15

タイトル 働き方改革 with RPA/AI
概要 ヒトと新興テクノロジーの融合は、従来のビジネスプロセスを変貌させ、これまでのビジネスシーンにおけるワークスタイルやワークプレイス変革の原動力となることが期待されます。本講演では、ヒトがテクノロジーに適応するため、RPA/AIを出発点に現場主導で人材開発、組織作りを行うことで、企業全体のデジタライゼーションを加速していく過程を事例を交えながら解説します。
講師  ソフトバンク株式会社 法人事業統括 プロセスマネジメント本部 副本部長 兼 RPA事業推進役 

13:30 – 14:15

タイトル

RPA導入の二極化現象(成功企業と失敗企業)から見えてきた事

概要 長年、業務分析、業務効率化、自動化に取り組んできた大洋システムテクノロジーのコンサルティング部門が、費用対効果の高いRPA導入・定着化のポイントを、最近のRPA導入の状況が成功企業と失敗企業とに二極化している現象を踏まえてお伝えします。単なるRPAの説明ではなく、大手小売業様、大手製造業様、大手サービス業様などの事例を元にお話しさせて頂きます。
講師
株式会社大洋システムテクノロジー 常務執行役員、HYBRIDE Consulting事業部長 木村 岳洋 氏

15:30 – 16:15

タイトル

RPA・AIから飛躍的成果を生み出すデジタルトランスフォーメーション

概要 デジタル(RPA・AI)の効果を最大限に発揮するには、RPAの部分的な導入だけではなく、AIなどの技術との連携や、エンドツーエンドのプロセス再構築、人間との協働など、包括的な視点からデジタルトランスフォーメーションとして捉えることがカギとなります。本セッションでは、生産性向上や競争優位性強化など、企業が実質的な成果を生み出すためのポイントを、国内外の具体的な事例を交えご紹介します。
講師
ジェンパクト株式会社 代表取締役社長 グローバルシニアバイスプレジデント

デモ&セッション(ルームB)

10:30 – 11:10 タイトル RPA2.0 – AIを活用したデジタルオペレーションの実現
概要 新興のデジタルネイティブ企業が市場シェアを獲得し、また新しい市場を創出する今日の市場環境において、従来の企業は迅速なオペレーションを可能にするため、AIを活用したプロセスの自動化やバックオフィスのデジタル化を推進する必要があります。本セッションではAIを活用した業務プロセスの自動化により解決出来る課題について、事例とデモを交えてご紹介いたします。
講師 WorkFusion Solutions Consultant 守屋 賢一氏
11:30 – 12:10 タイトル RPAで目指すAIの民主化 AI×Blue Prism
概要 第三次AIブームが到来していますが、「業務ユーザーがAIを使いこなす」ことは難しいのが現状です。一方で、「RPAによる業務効率化」は敷居が低く、ITとは縁のない業務ユーザーでも入門可能です。Blue Prismは、敷居の低いRPAから始めて、その延長線上でクラウド上のAIを利用できます。BluePrismが目指す「AIの民主化」を解説します。
講師 Blue Prism株式会社 ソリューションコンサルタント
12:30 – 13:10 タイトル RPA進化の道筋 ~OCR、AIを組み合わせた真の働き方改革~
概要 RPAの使い方は進化し、人間の代替だけではなく、これまで人間では不可能であった業務を正確、かつスピーディーに遂行し、付加価値を生む存在に変わってきています。本セッションでは、RPAの進化の道筋として、ABBYY社のOCRエンジンとRPAを組み合わせてアビームが開発した最新AI-OCR/RPAソリューションや、AIエンジンを活用した最新事例をご紹介します。
講師 アビームコンサルティング株式会社 戦略ビジネスユニット ディレクター 金弘 潤一郎氏
13:30 – 14:10 タイトル coming soon
概要 coming soon
講師 coming soon

 

デモ&セッション(ルームC)

10:30 – 11:10 タイトル RPA×AIのオーガナイザーが語るRPA高度活用の実態と勘所
概要

RPAが普及フェーズに入り、AIとの連携も注目されるようなってきました。RPAの高度活用においてAIの活用は欠かせません。RPA登場以前から「RPA×AI」をコンセプトとした「BrainRobo」を提供してきたブレインパッド社とAIサービスの基盤となる「Microsoft Azure」を展開するMicrosoft社を招き、RPA活用の実態と方向性に迫ります。

講師

RPAテクノロジーズ株式会社 最高執行責任者 兼 マーケティング責任者 笠井 直人氏

株式会社ブレインパッド ソリューション開発本部 RPAソリューショングループ グループマネージャー 山内 康志氏

11:30 – 12:10 タイトル coming soon
概要 coming soon
講師 coming soon
13:30 – 14:10 タイトル RPAとAI-OCRの能力を発揮させるために考えておくべき組織のこと
概要 デジタルレイバーとは、テクノロジーを活用して労働力を産み出すことを指しますが、RPAやAI-OCRツールを導入しただけでは、効果を得ることは困難です。本セッションでは、デジタルレイバーとヒトが一緒に働くための、ルールの整備や管理の仕組みについて、実際の事例を交えて解説させていただきます。
講師 日商エレクトロニクス株式会社 ビジネス・プラットフォーム部門 デジタライゼーション本部 デジタルレイバー推進室 部長 青木 俊氏
14:30 – 15:10 タイトル 基幹系システムのインテリジェント化がもたらす生産性と柔軟性
概要 企業の中核を担う基幹系システムにも変革すべき時がやってきました。ドイツで第4次産業革命を牽引するSAPは基幹系システムにインメモリ技術やIoTや機械学習などの先端技術を組み合わせインテリジェント化に向かっています。このセッションでは生産性の向上や柔軟性の高い働き方、そしてデジタルプロセスの投資価値についてご提案させて頂きます。
講師 SAPジャパン株式会社 デジタルエコシステム統括本部 イノベーションスペシャリスト 吉田 彰氏

 

※2018年11月1日(木)時点の公開情報です。

TOPページへ戻る