TOP【製品・サービス】帳票OCRソフトウェア『Prexifort-OCR』

帳票OCRソフトウェア『Prexifort-OCR』

Prexifort-OCR製品情報

ソフト型OCRは、認識力・対応力・連携力で選ぶ。それが正しい選択。

Prexifort-OCR(プレキシフォートOCR)は、スキャナや複合機、タブレットから取り込んだ画像データより文字情報を抽出し、テキストデータに変換するOCR認識ソフトウェアです。「標準規格TWAINのスキャナに対応」、「知識処理による認識精度向上」、「アプリケーションとの容易な連携」などの特徴を持ち、OCRを活用した入力業務プロセスの質的向上に貢献。日本国内のソフト型OCR市場で実力・実績を認められています。

 

1、活字にも手書き文字にも強い、正確な認識力。

Prexifort-OCR(プレキシフォートOCR)は、NTTデータが長年にわたり改良を重ねてきた文字認識アルゴリズムの集大成といえる商品です。この文字認識力をご実感ください。

 

OCR文字認識機能:幅広いニーズに対応できます。

・枠のない自由記入欄などのフリーピッチ記入に対応可能です。

・ドロップアウトカラー帳票、黒枠帳票にも対応可能です。

・中国語の手書き文字も認識可能です。

Prexifort-OCRはフリーピッチ記入にも対応しています。

 

知識処理機能:各種辞書が豊富です。

・姓名辞書・郵便番号辞書・ユーザー辞書などとの単語照合により、単語の認識率を特に向上いたします。

・帳票の郵便番号欄を認識し、住所の認識結果を補正可能です。

 

自動補正機能:帳票の傾き、伸縮などの補正に対応しています。

・入力された帳票に傾きや伸び縮みがある場合でも、帳票傾き補正・帳票伸縮補正により高い認識精度を実現します。

・三点の基準マークを利用することにより帳票の向きを自動的に判別するため、スキャナに帳票をセットする際、向きを揃える必要がありません。

 

イメージと認識結果を同一画面上で確認・修正可能です。

イメージ表示エリアと認識結果を比較しながら、確認作業を実施することができます。誤認識したものについては、選択項目の隣に表示される修正候補文字リストの中から、文字を選択するだけで修正可能です。業務要件に合った各種カスタマイズも可能です。

Prexifort-OCRはイメージと認識結果を同一画面上で確認・修正可能です。

2、どんなスキャナでも接続できる柔軟な対応力

ビジネスの現場ではさまざまなスキャナ製品が使用されています。それらを有効活用して入力業務プロセスを効率化したいというお客様のニーズに対して、Prexifort-OCRはフレキシブルなソリューションをご提供します。

 

スキャナのメーカーや機種を問いません

・標準の規格TWAINに対応し、スキャナ全般に接続可能です。

・Prexifort-OCR端末に接続していないスキャナや複合機、タブレットで取得したTIFなどの画像ファイルも認識可能です。

 

特殊機能も利用できます

・タブルスタッカ機能のあるスキャナでは、読み取り結果に応じて排出するスタッカの振り分け制御が可能です。

・印字機能のあるスキャナでは、通番印字の制御が可能です。

タブルスタッカ機能のあるスキャナでは、読み取り結果に応じて排出するスタッカの振り分け制御が可能。印字機能のあるスキャナでは、通番印字の制御が可能です。

さまざまな帳票に対応しています

・両面読み取りに対応可能です

・最大A3サイズの帳票読み取りに対応可能です。

 

3、アプリケーションを選ばない、快適な連携力

さまざまなアプリケーションが稼働するシステム環境において、業務アプリケーション間におけるデータ連携の柔軟性が必要となります。Prexifort-OCRはお客様のニーズにこたえ、スムーズな連携を実現します。

さまざまな出力形式に対応可能です

XML形式・CSV形式などの多様な出力形式に対応しているので、業務アプリケーションとのデータの受け渡し及び連携が容易です。

 

SDKにより、きめ細やかな連携が可能です

SDK(開発キット)を使用することで、Prexifort-OCRを組み込んだシステムをお客様のニーズに合わせた形で容易に構築いただけます。

 

多様なシステム環境で活用できます

スタンドアロン構成やクライアントサーバ構成・仮想環境など、多様な構成環境に対応可能です。

スタンドアロン構成やクライアントサーバ構成、仮想環境など、多様な構成環境に対応可能です。

4、誰でも簡単に素早く作成できる、使いやすい自動帳票定義ツール

新たな帳票の導入・活用のためには、帳票定義の新規作成や修正を手軽に行えることが重要です。

誰でも簡単に素早く作成できる、使いやすい自動帳票定義ツール

 

5、大量処理や分析業務にも活躍する、お客様の活用事例

Prexifort-OCRは、官公庁様を中心に、昭和46年から40年以上にわたり商用利用いただいております。

WinActorと組み合わせて請求処理業務を自動化

Prexifort-OCRが請求書情報(会社名・金額・銀行口座等)をデータ化し、WinActorが請求書データと電子決済データをマッチング。審査業務を代行します。(不備チェックや承認・差し戻し処理を自動化)

請求処理業務の自動化イメージ

大型外食チェーン様では、アンケートの集計・分析業務に活用

約120店舗で回収されたアンケート帳票をPrexifort-OCRにより認識・集計し、店舗業務の改善にご利用いただいています。タイムリーにアンケート結果がフィードバックされることで、店舗品質の向上だけではなく、従業員のモチベーションの向上に貢献しています。

官公庁様では、2万件/日の申請受付・入力業務を効率化

全国約1000事務所にてPrexifort-OCRを活用いただいています。ピーク時に1事務所で1日2万件発生する申請受付・入力業務の処理にご利用いただき、約75%の作業省力化に貢献しています。

文章管理ソリューション、本人確認ソリューションを展開中

ワークフローパッケージと連携した文書管理ソリューションや免許証・保険証などの本人確認ソリューションを展開中。個人番号カードにも対応する予定です。

その他の適用例

【手書き文字認識】各種申込書・各種申請書・答案用紙など

【活字認識】レセプト・領収済通知書・納入済み通知書など

 

6、ディープラーニングによる革新的OCR文字認識

1、手書きフリーピッチ認識

・従来型のOCRと異なり、文字枠(ピッチ)の無い、フリーピッチ(自由記入欄)様式に記入された手書き文字を正確に自動入力

・AI-OCR用の知識処理辞書(住所・氏名・傷病名など)を保有し、認識結果をさらに補正

手書きフリーピッチ認識

2、活字フリーフォーム認識

各社ごとに様式が異なる書類において、各社ごとの帳票定義作業(事前レイアウト設定)不要でOCR認識可能、レイアウトの変更などにも柔軟に対応

活字フリーフォーム認識

 

7、Prexifort-OCRの動作環境

Prexifort-OCRの動作保証環境

OS

Windows 7(32bit/64bit)※1

Windows 8.1(32bit/64bit)※1

Windows10(32bit/64bit)※1

Windows Server 2008R2

Windows Server 2012 R2

Windows Server 2016

※1  64bit 版OS は32bit 互換モード(WOW64)で動作します

.NET Framework .NET Framework 4.5.2
ブラウザ Internet Explorer11
CPU 上記OSが正常に動作するCPU
メモリ容量 2GB以上
ハードディスク容量 空きディスク容量1GB以上
推奨解像度 1920×1080 以上
HASP Sentinel Runtime 7.55.1.69477
DB SQLite(System.Data.SQLite 1.0.105.0 (3.18) package)

 

※本ソフトウェアはコピープロテクトされています。

 

8、Prexifort-OCRの基本仕様

認識対象文字

手書き 数字、ひらがな、カタカナ、英字(大文字・小文字)、記号、漢字(JIS第一水準2965字・JIS第二水準454文字)、記号(仝々)2種、簡体字(第一水準3755字・第二水準3008字)
活字(印字) 数字、ひらがな、カタカナ、英字(大文字・小文字)、記号、漢字(JIS第一水準2965文字・JIS第二水準3390文字)、記号(仝々)2種、簡体字(第一水準3755字・第二水準3008字)、繁体字(13053文字)
チェックマーク レ点、塗りつぶし、オーバーライトマークチェック
バーコード JAN8、JAN13、ITF、CODE39、CODE128、NW-7、カスタマバーコード
MICR MICR E-13Bフォント及び、CMC-7フォントに対応

 

帳票識別処理

帳票ID・帳票フォーム・タイトルを用いて帳票種類を自動的に判別可能

 

複数帳票混在処理

サイズや厚さが異なる帳票の混在入力対応

 

知識処理辞書

・姓名辞書(約51,000語)

・郵便番号辞書(約123,000語)

・ユーザ辞書(約100,0000語)

 

両面読取

両面帳票の読取可能

 

帳票方向自動判別

どのような向きの帳票も認識可能

 

補正機能

・帳票向き補正

・帳票伸縮補正

・ソフトドロップアウト機能

・ノイズ除去

・印章削除機能(オプション)

 

チェック機能

必須項目チェック・複数内必須項目チェック・桁数範囲チェック・字種チェック・月日チェック・範囲チェック・項目関係チェック

 

リジェクト判定

・認識できなかった文字を「?」などで表示

・項目ごとにリジェクトレベルを変更可能

 

修正候補文字表示

OCR認識した文字について、他の候補文字リストを表示可能

OCR認識した文字について、他の候補文字リストを表示可能

イメージ切り出し

イメージ画像中の特定範囲の画像を切り出して表示可能

 

9、Prexifort-OCRの入力

入力画像タイプ

・白黒二値

・グレースケール256階調

・8bit/24bitフルカラー

入力画像形式 BMP(DIB)、TIF/TIFF(マルチページ形式はオプション)、JPEG(オプション)、PDF(オプション)
入力画像解像度 200~600dpiから選択可能。推奨300dip
対応スキャナ TWAIN規格に対応しているスキャナ全般。詳細はお問い合わせください。※1

 

※1 Prexifort-OCR推奨スキャナをご利用いただくことで、特殊機能をご利用いただけます。

 

10、Prexifort-OCRの出力

出力形式 CSV形式、XML形式
イメージ出力形式 帳票イメージをBMP(DIB)・TIF・TIFFで保存可能

 

 

11、Prexifort-OCRの帳票仕様

用紙サイズ 最大A3サイズ
文字枠色 黒・ドロップアウトカラー
枠形状 一文字枠・表形式・マーク枠・フリーピッチ枠・枠なし(活字のみ)
読取項目数 1帳票あたり最大999項目

お問い合わせは・・・

Prexifort-OCRをもっと詳しく知りたい、製品デモが見たい、価格が知りたい、といったお客様は弊社販売特約店へ直接ご連絡ください!

販売特約店一覧はこちら

 

当サイトからもお問い合わせ可能です。

製品のお問い合わせはこちら

 

関連記事・サイト

IPSJコンピュータ博物館 「誕生と発展の歴史」

コダック アラリス ジャパン株式会社 「OCR精度を高める鍵はスキャナーとOCRソフトの最適化」

TOPページへ戻る