TOPユーザーフォーラムアクティビティ
たった今
127 ベストアンサーとして選択しました 他の活動
ベストアンサーとして選択しました
ベストアンサーが解除されました
102 回答した質問 他の活動
回答した質問
質問の投稿
127 新しいコメントを投稿 他の活動
新しいコメントを投稿
hamu様。 コメントありがとうございます。 検索一致でできました^^ いつも、ありがとうございます。 とても助かりました。コメントを見る
ベストアンサーとして選択しました
545 回答した質問 他の活動
回答した質問
新しいコメントを投稿
コメントありがとうございます。 クエリ、最大化、待機時間は移動が難しいのです。。なぜかといいますと、クエリファイルが7個有るため、準備完了を識別⇒1つめのクエリ閉じる⇒2つめのクエリ開く…といった流れになるため、繰り返しの中に入れてあります。 マッチングでの処理は、安定しております。 下記URL参考にさせていただきます。ありがとうございます。コメントを見る
回答した質問
19 ベストアンサーとして選択しました
378 回答した質問 他の活動
回答した質問
回答した質問
19 新しいコメントを投稿
なるほど!ご丁寧に有難うございます。 修正の際に「ウインドウ識別クリア」を入れてみたいと思います。 メモリもチェックしてみます。 大変助かりました。コメントを見る
131 新しいコメントを投稿
取得できました! (となるとRGB値 赤255 緑255 青0 の場合、という分岐になる形でしょうか) 公式プチライブラリというのがあるのですね、勉強になりました。 私のWinactorには入っていないのですが、バージョンが古いからなのでしょうか。 ライブラリに追加して欲しいパーツですね。コメントを見る
2.71K 新しいコメントを投稿 他の活動
新しいコメントを投稿
処理対象の画像が変わるのであれば、ライブラリの「画像マッチング(左ダブルクリック)」で操作可能かと思います。マッチング画像をパスで指定できます。処理対象が複数ある場合はその分、画像をあらかじめ用意しておく必要があります。コメントを見る
新しいコメントを投稿
ご回答いただき、ありがとうございます。 画像マッチングの利用も試みましたが、操作対象の座標推定が難しいため、規則的に推定できるXPathで指定した要素のダブルクリックをしたいです。 処理のタイミングによってダブルクリックを行う対象を変えるため、XPathを文字列生成し変数に格納して利用しています。コメントを見る
1.22K 新しいコメントを投稿
ご解決されたようで何よりです。 宜しければnoka13様か私の回答をベストアンサーに設定して頂きこちらの質問をクローズにしていただけますでしょうか。 未解決のままだと後々フォーラムを見返した方の混乱を招く恐れがありますのでお手数ではございますがクローズの程、宜しくお願い致します。コメントを見る
昨日
5月
88 新しいコメントを投稿 他の活動
新しいコメントを投稿
コメントありがとうございます。 返信遅れ申し訳ございません。 大変助かりました。ありがとうございます。コメントを見る
新しいコメントを投稿
コメントありがとうございます。 返信できておらず申し訳ございません。 ログに出力されるのですね。ありがとうございます。コメントを見る
15 新しいコメントを投稿
>anothersolutionさん ポップアップの立ち上げが目的です。ダブルクリックで開く仕様です。コメントを見る