10

WinActorVer7.4.1を使用しています。

1.実行版でもプロパティ参照可能に。

  前から思っておりましたが、実行版において、エラーで止まった時、変数の現在値は見たり書き換えたりできますが、

  止まっているノードでどのような変数を設定しているか分からず、困ります。

  シナリオによっては、そこで変数の現在値を直すだけで続行できる場合も多く、できれば実行版でプロパティの参照は

  できるようにしていただけると、大変助かります。

2.オプションを端末単位で設定保存できる機能を。

  RPA用PCを何人かで使用していて、実行するときは各社員のアカウントでログインしています。

  シナリオ実行は、ショートカットを用意しており、ダブルクリックするだけで実行するようにしています。

  (WinActorを単独起動させるようなオペレーションはさせていない)

  本当は、自動更新機能やスクリーンセーバーを起動させない機能、拡張機能など使いたいのですが、オプション設定は

  プロキシーも含め、個人ごとでやらせたくないです。やらないとエラーとなるからです。

  オプションの中でも、「端末で設定を共有」みたいな設定があるといろいろ活用できます。

  他の方の投稿にもありましたが、ブラウザの拡張機能インストールもできると、本当に助かります。

3.これは気になっています。

  ライブラリのExcel操作などで特に目立ちますが、最後のSet xxx = Nothingでxxxを誤っているものが多いです。

  例えば、Excel操作(検索一致) では、

Set xlsApp = Nothing
Set existingXlsApp = Nothing
Set ExcelWorkBook = Nothing   → Set WorkBook = Nothing ですよね
Set Excelworksheet = Nothing   → Set worksheet = Nothing ですよね
Set sheetName = Nothing     → sheetName はオブジェクト変数ではないです この行は不要
Set filePath = Nothing       → filePath はオブジェクト変数ではないです この行は不要

  やはり商品なので、こういう記述もちゃんとして欲しいです。(改変するときに、気になってしまいます)

  できれば、「Option Explicit」を先頭に入れ、全ての変数が宣言されていないとエラーになるようなコーディングをお願いしたいです。

他にもこれは!というものがあればコメントでも回答でも入れてくださいm(_ _)m

将来に向け、よりよいWinActorとなるよう、みんなで要望を出していきましょう!

hmiya 新しいコメントを投稿
回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。