11

ライブラリの中に
13_ファイル関連 → 01_テキストファイル操作 → テキストファイル読込(1行)
があるのですが、使い勝手が悪いので作成したライブラリを投稿します。

13_ファイル関連 → 04_ファイル一覧 → ファイルリスト作成(拡張子指定)
にてファイルリストを作成し、そのファイルリストを1行ずつ読み込んで
処理を行うといったシナリオに利用できます。

ループ処理でカウントアップしながら使用することを考えたものです。
参考まで。

<サンプルスクリプト>
Dim JLine
Dim objTN
Dim myJLine
Dim Cnum
Dim Dnum
Dim objFso
Dim objJList
Dim arrJLines

JLine = !行カウント!
objTN = !テキスト名!

' カウント数字を取得
myJLine = CInt(JLine)
Dnum = myJLine - 1

' テキストファイル取得
Set objFso = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Set objJList = objFso.OpenTextFile(objTN)

' 指定カウント行まで行をスキップ
For Cnum = 1 To Dnum
objJList.SkipLine
Next

' 指定カウント行を読込
arrJLines = objJList.ReadLine
SetUMSVariable $対象1行$, arrJLines
objJList.Close

Set objFso = Nothing
Set objJList = Nothing

新しいコメントを投稿

キーボードエミュレートの動作が安定せず、ウェイトを入れても拾いこぼすので助かります。コピーして使う方に修正点を記載しておきます。

・全部コメントの’を半角の shift+7 に
・カウント数字を取得の中の myJLine ? 1 の? を半角マイナスに
・テキストファイル取得の中のダブルコーテーションを半角の shift+2に

wakaba様
フォローありがとうございます。
フォーラムの機能が改善した段階で再投稿するつもりで放置していました。
(^-^;

一応下記のURLで開発元であるNTT-AT社が同機能のプチライブラリを公開していますね。

http://www.matchcontact.net/winactor_jp/faq.asp?faqno=JPN00257&sugtype=0&logid=687356393&did0=18&dname0=&did1=18,20&dname1=11HP

ただ、配布されているプチライブラリは.ums5形式のため、
社内にV4がまだある身としてはスクリプト探求者様のように
自作ライブラリをスクリプトで公開していただけるのは非常にありがたいです。

Oscar様コメントありがとうございます。
私の思いとしては、ユーザーフォーラムから上記のようなプチライブラリが出れば良いなと考えております。
有償で提供されるものはサポートが付きますが、制約もあります。
無償で、見る方が自分のシナリオに合った形に気軽に変更できるものもあってよいかと。