15

既存のライブラリの一部を書き換えて利用しているユーザライブラリとなります。

参考まで。

Excel操作(全て閉じる)
これもライブラリにあるのですが、いまいち使い勝手が悪いので、
修正して使用しているものです。
18_Excel関連 → 01_ファイル操作 → Excel操作(全て閉じる)

上記のものではExcelが閉じないことが何度もあったため、強制的に終了するように
「/f」を追加。

<元スクリプト>
------------------------------------------------------------
Set objShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
Set objExec = objShell.Exec("taskkill.exe /IM excel.exe")

Set objShell = Nothing
Set objExec = Nothing
------------------------------------------------------------

<サンプルスクリプト>
------------------------------------------------------------
Set objShell = WScript.CreateObject("WScript.Shell")
Set objExec = objShell.Exec("taskkill.exe /f /IM excel.exe")

Set objShell = Nothing
Set objExec = Nothing
------------------------------------------------------------

強制終了なので、以下のようなデータを保存するノードを事前に実行しておきます。
18_Excel関連 → 01_ファイル操作 → Excel操作(上書き保存して閉じる)

フォルダ存在有無チェック
ファイルの存在有無チェックはあるのですが、フォルダの存在有無チェックがないので
作成したものです。

<元スクリプト>
------------------------------------------------------------
Option Explicit
On Error Resume Next

Dim objFSO ' FileSystemObject
Dim strFile ' ファイル名
Dim result ' 表示用メッセージ

strFile = !ファイルパス!
Set objFSO = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
If Err.Number = 0 Then
If objFSO.FileExists(strFile) = True Then
result = true
Else
result = false
End If
Else
Err.Raise 1, "", "エラーが発生しました。"
WScript.Quit
End If
SetUMSVariable $チェック結果$,result
Set objFSO = Nothing
------------------------------------------------------------

<サンプルスクリプト>
------------------------------------------------------------

Option Explicit
On Error Resume Next

Dim objFSO
Dim strFolder
Dim result

strFolder = !フォルダパス!
Set objFSO = WScript.CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
If Err.Number = 0 Then
If objFSO.FolderExists(strFolder) = True Then
result = true
Else
result = false
End If
Else
Err.Raise 1, "", "エラーが発生しました。"
WScript.Quit
End If
SetUMSVariable $チェック結果$,result
Set objFSO = Nothing

------------------------------------------------------------

Word操作(名前を付けてPDF保存)
WordファイルをPDF化することがあったので作成したものです。

<元スクリプト>
------------------------------------------------------------
savename = !保存ファイル名!

Set objWord = Nothing
On Error Resume Next
Set objWord = GetObject(, "Word.Application")

If objWord is Nothing then
Set objWord = CreateObject("Word.Application")
end if

If objWord is Nothing then
Err.Raise 1, "", "指定されたWordファイルが開けません。"
end if

On Error Goto 0

objWord.Visible = True

Set objDoc = objWord.ActiveDocument

objDoc.SaveAs savename
------------------------------------------------------------

<サンプルスクリプト>
------------------------------------------------------------
savename = !保存ファイル名!

Set objWord = Nothing
On Error Resume Next
Set objWord = GetObject(, "Word.Application")

If objWord is Nothing then
Set objWord = CreateObject("Word.Application")
end if

If objWord is Nothing then
Err.Raise 1, "", "指定されたWordファイルが開けません。"
end if

On Error Goto 0

objWord.Visible = True

Set objDoc = objWord.ActiveDocument

objDoc.ExportAsFixedFormat savename,17,False
------------------------------------------------------------

この質問は解決済みのためクローズされています。
スクリプト探究者 ステータスの変更
回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。