1

新聞など各情報誌や、RPAにまつわるセミナーにおいて、

「RPAを導入して、年間○億円の削減効果が得られました!」

という話を伺いますが、実情(世間一般の会社様)はどうなのでしょうか。

弊社で言えば、なかなかロボが手離れせず、

シナリオカットオーバーから1か月は、緊急停止に伴い

・業務の人手作業

・シナリオのチューニング作業(原因解明~処置~テスト)

が多発し、「RPAに着手したのは悪手ではないのか?」という

思いも散見されるようになってきました。

そこで、皆様の会社の実情を伺いたいです。

また、どうすれば手離れしやすいロボが作成しやすくなるか、

ご教示いただければ幸いです。

この質問は解決済みのためクローズされています。
ベストアンサーとして選択しました
申し訳ありません。回答とコメントを閲覧するにはログインが必要です。会員登録はこちらからアクセスしてください。