6

いつもユーザフォーラムをご利用いただき、ありがとうございます。NTTデータ WinActor研修受付チームの唐揚げです。

研修受付チームにて続けてきた本投稿も、ついに10回目となりました!
「継続は力なり」、これからも投稿をお読みいただき、WinActorの理解を深めていただけると幸いです。

本日は「第10回目:Chromeモードのシナリオ作成」の投稿をお送りします。
IEモードのシナリオ作成については第7~9回でご紹介させていただきました。
今回は同じUI識別型の一つである「Google Chrome」の自動記録について、簡単な例を挙げてご説明させていただきます。
シナリオ作成における基本的な手順は、IEモードとほとんど変わりがありません。
Chromeモード特有の注意点については、手順中の「CHECK」コメントを含め別途後述しておりますので、それぞれご確認ください。
Chromeモードの記録手順のイメージとしては、下図の通りです。

このように、ChromeモードはIEモードと同様、自動化させたい操作をそのまま行うだけでシナリオの作成ができます。

また、Chromeモードで自動記録を行う際は、「Chrome拡張機能が有効」となっている必要があります。
シナリオから自動で起動したChrome画面は拡張機能が無効となってしまい、その画面上で行う操作は記録ができません。
そのため、自動記録を行う際はChrome画面を予め手動で開いておく必要があります。
私はこれを確認せずに、何度か「クリックしてるのにノードが生成されない!なぜ?!」などとパニックになったことがあります…….。Chromeモードで自動記録を行う際は、必ずChrome拡張機能を確認しましょう!
※Chromeの拡張機能のインストール方法は、「Chrome 拡張機能インストールマニュアル」をご覧ください。

最後に、Chromeモードは自動記録によってフローチャートにノードを生成することができますが、
ブラウザ関連のライブラリを組み合わせる方法で、ライブラリをフローチャートに直接配置して同内容のシナリオを作成することも可能です。
IE関連のライブラリと同様、様々な操作に対応したライブラリが用意されているので、ぜひ使ってみてください♪

この記事が面白かった、参考になったと思っていただけたら、ぜひ「いいね!」ボタンを押してください。励みになります。
※「いいね」はユーザーフォーラムに会員登録済みの方がログインしているときに押下できます。
ユーザーフォーラムの会員登録はメールアドレスがあればどなたでも無料で登録できます。会員登録すると、質問への回答が見られたり、共有シナリオや事例集のダウンロードといった特典がございます!

研修受付チーム 質問の編集

回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。
会員登録(無料)する