3

いつもユーザフォーラムをご利用いただき、ありがとうございます。
NTTデータ WinActor研修受付チームの唐揚げです。
本日は「第20回目:画像マッチング使用時の留意点」の投稿をお送りします。

研修受付チームで継続してきた投稿も、今回で20回目を迎えることとなりました。
今までの投稿内容全てをマスターすれば、そこそこの知識量になりそうですね。これからも継続して学んでいきましょう!

さて、前回画像マッチングの基本的な操作方法についてご紹介いたしましたが、
皆さんはシナリオに組み込んだ画像マッチングが上手くいかず、困ってしまったというような経験はないでしょうか。
今回は、画像マッチング使用時の留意点を下記の通り3つご紹介いたします。

では早速、見ていきましょう。
 ※下記画面イメージはWinActor Ver.7.2.1にてご紹介させていただきます。

①マッチング画像(赤枠)は一意に定まり、かつ変化のない範囲を指定すること。
 以下の画像は、マッチング箇所として推奨しておりません。
 ・色や形が変化する箇所
 ・画面上に複数存在する箇所 
<具体例>
 マッチング対象が画面上に複数存在する場合、操作対象をご認識してしまう可能性があります。

<対処方法>
 マッチング箇所はなるべく他と被らない、一意のものを指定することで誤認識を防ぐことが出来ます。
 また、マッチング箇所の指定時は、できるだけ狭い範囲を囲むようにしましょう。余計な情報をマッチング画像に含めないことで、エラーになる可能性が低くなります。

②ウィンドウサイズや拡大率を記録時と同じにする動作をシナリオに組み込むこと。
 記録時と実行時のウィンドウサイズ・表示倍率が異なると、同じウィンドウの同じ画像であっても画像が見つからない(falseまたはエラー)と判断することがあります。
 また、検索範囲を設定する場合、検索範囲は画面の左上を原点(初期設定)とした座標で認識しているため、実行時にウィンドウサイズや表示倍率が異なっていても検索範囲の位置は変わりません。
  しかし、画面上のボタンやテキストボックスなどはウィンドウサイズや表示倍率の変更に伴い、表示位置も変わってきます。その場合、記録時に指定した検索範囲内に検索対象が存在しなくなる可能性があり、マッチング画像が検索できません。

<対処方法>
 画像マッチングの前に「ウィンドウのサイズを固定する」処理及び、「ウィンドウの表示倍率を記録時と同じにする」処理を入れましょう。 

 

③マッチング画像が画面上に表示されていること。           
 シナリオ実行中にマッチング画像が画面上に表示されていない場合(スクロール等しないとマッチング画像が画面に現れない等)は、
 マッチング画像が画面に表示されるまで「スクロールをする」処理や、「ウィンドウの最下部へ移動する」処理などを入れる必要があります。

<具体例>
 シナリオ内でユーザーフォーラムのサイトを開いた際、そのままの状態だとマッチング箇所の「すべてをもっと見る」がボタンがページ下に隠れていまっているため、画像マッチングで見つけることができずエラーとなってしまいます。

 <対処方法>
 マッチング箇所に対してアクションをする前に、必ずマッチング箇所を画面上に表示させるようにシナリオを作成します。

 こちらの例では、マッチング箇所である「すべてをもっと見る」ボタンを表示させる必要があるため、ボタンが配置されている画面最下部までスクロールする操作を行います。
 繰り返し処理の中で、画像マッチング「状態チェック」を行い、表示画面にマッチング箇所が見つからなければマウスホイール操作でスクロール処理を実行、
 見つかった場合は繰り返し処理を抜けてマッチング箇所をクリックします。

画像マッチング使用時の留意点は以上となります。画像マッチングは、シナリオ作成時と実行時でマッチング箇所が同じ場所・状態になっていなければならないため、設定が慎重になりますね。
便利なので乱用してしまうこともありますが、上記の点に注意して効率的に使用していきしょう。

皆さんが、画像マッチング使用時に留意していることはありますでしょうか?
マイルールなどございましたら、教えていただけますと幸いです。

この記事が面白かった、参考になったと思っていただけたら、ぜひ「いいね!」ボタンを押してください。励みになります。
※「いいね」はユーザーフォーラムに会員登録済みの方がログインしているときに押下できます。

ユーザーフォーラムの会員登録はメールアドレスがあればどなたでも無料で登録できます。
会員登録すると、質問への回答が見られたり、共有シナリオや事例集のダウンロードといった特典がございます!

研修受付チーム 質問の投稿
回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。