11

Ver7.1を導入しました。

相変らず、公表されていないうれしい変更点もあり(笑)、
これも、変更点を探す楽しみを残してくださっていると理解します。

★Good!

  1. 表示倍率が5%刻みになりました。画面の大きさも調整され、圧迫感が少なくなりました。
  2. シナリオのグループ一括オープン機能が実装されました(今まではクローズのみ)
  3. 変数マージ機能が実装されました。たとえば「ダミー変数」と変数を作り、シナリオ
    インポートなどで「ダミー変数_1」などを作ってしまった場合、統合することができます。
  4. 不具合解消。音ノードをユーザライブラリに登録するとエラーが起きたものの解消。
    インプットボックス等のアクティブ化もされる。しかし、待機ボックスのコピーはまだできず。
  5. ノード・ライブラリのお気に入り機能できました。しかし、そのままの形でしか保存できないので、
    ユーザライブラリの方がよいと感じます。
  6. 未使用変数・未使用変数グループの一括削除ができます。
  7. Firefox対応、言語非依存化機能の実装、Winactorノート、Winactoreyeの拡充。
  8. Winactorをコード(スクリプト)で書けるようになりました。これはマジ無理(笑)
    Winactor様、素敵なGUIプログラミングツールありがとうございます。

★特筆 OCRマッチングが神!(の一歩手前)

OCRマッチングがすごいです。テストマッチをすると、これは読んでほしいなと思うものの80%
は大丈夫な実感です。現段階で、この現状は十分実用性ありです。
これから、ますます認識率を上がるでしょう。

現段階でも、文字の入っている画像は、画像マッチングにとって代わるポテンシャルがあると考えます。
あとは、シナリオ実装時の精度。どなたか人柱に・・・。まず隗より始めよ・・・!?

★なんと、このOCRマッチング、変数指定ができます!!

Winactorラウンジ2020 のバナーを選択ボックスで選び、クリックすることができます。
今後、どのような使い方ができるのか実例が楽しみなノードです。 

新しいコメントを投稿

回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。
会員登録(無料)する