7

シナリオ上の特定の箇所が安定しない場合、今までは

「指定時間待機」を合間合間に入れていたのですが「スロー実行の設定」を使用し

一時的に処理速度を下げることで「指定時間待機」を多用することなく、

すっきりしたシナリオにすることができました。

また、スクリプトを以下のように改造することで変数で実行速度を指定できるようになり

メンテナンス性も向上します。

変更前:value = !実行速度|0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,10!

変更後:value  = !実行速度!

指定時間待機を多用している箇所などありましたらお試しください。

この質問は解決済みのためクローズされています。
新しいコメントを投稿

回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。
会員登録(無料)する