6

こんにちは、NTTデータ WinActor技術支援チームのY.Kです。
いつもユーザーフォーラムをご利用いただき、ありがとうございます。
今回は、NTT-AT社が提供しているプチライブラリ「平日・休日判定」について、ご紹介します!

ライブラリ概要

このライブラリは、指定した日付が"平日か休日か"の判定を行うライブラリです。
(※平日/休日の定義は自分で決めます)

指定した日付が"営業日か非営業日か"によって処理を分けたい!といったことはありませんか?
そのような場合、このプチライブラリで簡単に実現することができます。

それではプロパティ画面を見ていきましょう。

実際に使ってみる

今回は「土日祝 = 休日 / 月火水木金 = 平日」と定義します。

※祝日は、内閣府公式サイトの「国民の祝日について」のページにあるCSVファイルを参照します。
https://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/gaiyou.html)

それではプロパティを設定していきましょう!
----------------------------------------------------------------------
・「日付」= 判定する日付を指定、今回は「2021/1/1」とします。
・「定休日」= 土日祝を休日とするため「土、日」とします。
・「祝日情報ファイル名」= 祝日情報が記載されたファイル名を指定します。(※ここで祝日の日付を定義します)
・「曜日」= 曜日を受け取る変数を設定します。(※今回は使用しない変数です)
・「平日・休日」= 平日休日の判定を受け取る変数を設定します。

【祝日情報ファイル名について】
祝日情報が記載されたファイルを、シナリオが格納されているフォルダと同じ場所に格納します。
今回は「syukujitsu.csv」というファイルを、祝日情報ファイルとしています。

最後に、値を確認するための待機ボックスを設定します。

実行してみた

実行すると・・・今回、指定した「2021/1/1」は「休日」と判定が出ました。

「2021/1/1」は金曜日ですが、祝日情報ファイルに記載があった日付のため、祝日とみなされ、休日判定が出たわけですね。

では、祝日情報ファイルから「2021/1/1」を削除したらどうなるでしょうか。

「2021/1/1」を削除↓

実行すると・・・今度は、祝日情報ファイルに記載がない日付のため「平日」と判定が出ました。

まとめ

このように、祝日情報ファイルの中身を変更することで、祝日に指定したい日付を設定することができ、
「平日・休日」の判断ができるようになります。

実際に使ってみて、設定が難しいと感じるようなところはありませんでした。
"祝日情報を変更する際は、ファイルの値を変更するだけで良い"という点も、
このプチライブラリの魅力の1つではないかと思います。

まだ使ったことがない方は、是非この機会に使ってみてください!

今回ご紹介したライブラリは以下URLからダウンロードできます!
◆平日・休日判定
https://winactor.biz/library/2019/10/31_1455.html

おわりに

この記事が面白かった、参考になったと思っていただけたら、ぜひ「いいね!」ボタンを押してください。
コメントもお待ちしています。

※「いいね」はユーザーフォーラムに会員登録済みの方がログインしているときに押下できます。
ユーザーフォーラムの会員登録はメールアドレスがあればどなたでも無料で登録できます。
会員登録すると、質問への回答が見れたり、共有シナリオや事例集のダウンロードといった特典があります!

WA技術支援チーム 質問の編集
回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。