12

いつもユーザフォーラムをご利用いただき、ありがとうございます。

NTTデータ WinActor技術支援チームのHTです。

マイナーライブラリ紹介 今回は「デバッグ:変数値保存」です。

このライブラリは「すでに使っている」、という方もいらっしゃると思いますが、

お客様が作成されたシナリオを拝見すると、ログの取得は組み込まれていても、このライブラリを使用している方は少ない、という印象です。

【ライブラリの概要】

全ての変数の現在値を、指定したファイルに書き込み保存するライブラリです。

プロパティは以下のようになっています。

【使用方法】

基本的には「保存ファイルパス」に、出力したいファイルの絶対パス、もしくは相対パスを指定するだけです。

ファイル形式はテキスト(.txt)とCSV(.csv)に対応しています。

「保存ファイルパス」に指定したファイルが既に存在する場合にはそのファイルに追記、ファイルがない場合は新規作成して書き込みます。

実行結果は以下のようになります。

「=」の左側が変数名、右側が現在の変数値です。

出力されたファイルが文字化けしている、という場合には「文字コード」を変更してみてください。

※「保存ファイルパス」にExcel(.xlsx)を指定してもエラーは出ませんが、ファイルは正しく作られませんので、ご注意ください。

 (ファイルは作成されますが、開くことはできません。)

【気になった点】

ライブラリ試用時点の、すべての変数の現在値を出力しますので、登録している変数が多い場合や

シナリオ内で使用していない不要な変数が多い場合には、ファイル容量が多くなったり、必要な情報が探しにくくなります。

特に、毎回同じファイルに追記していく場合には注意が必要です。

【おわりに】

シナリオがエラーで止まってしまった場合など、「変数値が想定通りに格納されているか」は

エラーの原因を解決するうえで重要なポイントになるので、ぜひ使ってみてください。

この記事が面白かった、参考になったと思っていただけたら、ぜひ「いいね!」ボタンを押してください。励みになります。

それでは、また次回!

※「いいね」はユーザーフォーラムに会員登録済みの方がログインしているときに押下できます。

 ユーザーフォーラムの会員登録はメールアドレスがあればどなたでも無料で登録できます。

 会員登録すると、質問への回答が見れたり、共有シナリオや事例集のダウンロードといった特典があります!

質問の投稿

回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。
会員登録(無料)する