14

いつもユーザフォーラムをご利用いただき、ありがとうございます。

NTTデータ WinActor技術支援チームのHTです。

マイナーライブラリ紹介 今回は「ファイル選択ボックス(Java)」です。

【ライブラリの概要】

こちらのライブラリは「ダイアログ」のカテゴリにあるライブラリで、

ファイル選択ボックスを表示し、選択したファイルの絶対パスを取得するライブラリです。

プロパティ設定画面は以下のようになっています。

ファイル選択結果に、変数を指定するだけで実行が可能です。

【ポイント】

注釈にも書かれていますが、このライブラリを使いこなすポイントは2つ。

一つは、拡張子の設定です。

こちらにファイルの拡張子(xlsx、pdfなど)を指定すると、ファイル選択ボックスの「ファイルのタイプ」が指定できます。

例えば、こちらに「xlsx」と設定すると、表示されるファイル選択ボックスでは拡張子が「xlsx」のファイルのみ選択可能になります。

(サブフォルダがある場合はサブフォルダ内のファイルも「xlsx」のみ選択可能になります。)

拡張子に何も設定しないと(値⇒ )、すべてのファイルが選択可能になります。

もう一つは、ファイル選択結果の初期値設定です。

こちらは、選択したファイルの絶対パスを取得する変数を指定しますが、

この変数に何も値がない場合は、Cドライブの「ドキュメント」フォルダが表示されます。

変数に任意のフォルダパスを初期値として設定すると、そのフォルダが表示されます。

【まとめ】

シナリオで使用するファイルが毎回異なる場合や、使用するファイルをきちんと確認してから実行したい、という場合に役立つかと思います。

シナリオの途中に配置すると途中で手動操作が入ってしまうので、シナリオの先頭に配置するのがおすすめです。

ちなみに、フォルダを選択したいときは「フォルダ選択ボックス(Java)」ライブラリが用意されています。

この記事が面白かった、参考になったと思っていただけたら、ぜひ「いいね!」ボタンを押してください。励みになります。

※「いいね」はユーザーフォーラムに会員登録済みの方がログインしているときに押下できます。

ユーザーフォーラムの会員登録はメールアドレスがあればどなたでも無料で登録できます。

会員登録すると、質問への回答が見れたり、共有シナリオや事例集のダウンロードといった特典があります!

それでは、また次回!

WA技術支援チーム 新しいコメントを投稿

回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。
会員登録(無料)する