10

こんにちは、NTTデータ WinActor技術支援チームのYMです。

いつもユーザーフォーラムをご利用いただき、ありがとうございます。

マイナーなライブラリシリーズ 、今回は「ログメッセージ出力」を取り上げます。
このライブラリも、それほど"マイナー"ではないかもしれませんが、複数あるログ関連ライブラリを使いこなす参考にしてください。

ライブラリの概要

「ログメッセージ出力」は、ライブラリ「WinActor制御ー実行ログ」のグループにあり、ログ出力画面に任意のメッセージを出力するライブラリです。
シナリオメイン画面の設定オプションで「実行ログを常に出力する」にチェックをしている場合、そこで指定したファイルにも任意のメッセージが出力されます。

実際に使ってみる

今日から15日後の曜日を求め、待機ボックスで 「15日後は●曜日です」と表示、同じメッセージをログにも表示するシナリオを作成しました。
プロパティの設定は任意のメッセージを入れるだけです。

ログ出力画面はこうなります。

このライブラリが実行されたアクションの記録の下に、指定したメッセージが表示されました。
日次とメッセージだけのシンプな表示で、【】で囲われたラベルなどはつきません。

「実行ログを常に出力する」設定にしておくと

ログファイルにも、このようにメッセージが表示されます。

同じ実行ログのグループにあるライブラリ「ログ出力(ファイル指定)」と一緒に使うとどうなるでしょう?

出力ファイルはログファイルBと設定しています。

同様に、指定したファイルにメッセージが書き込まれました。

実際に使ってみた感想

ライブラリ「ログメッセージ出力」は、シナリオを実行した際に知りたい"ちょっとしたこと"、例えば処理件数や処理結果、実行者のIDなどをログに残しておくのに便利なライブラリだと思いました。

ただし「ログ記録」のようにラベルの指定はできないので、あらかじめ文字列の連結などでわかりやすいメッセージを作っておく必要があります。
また、出力先のファイルの文字コードがUnicodeになっていると文字化けするので注意です。

以前紹介したライブラリ「ログ記録」は、それだけをログとして出力したい、という場面で活用できますが、「ログメッセージ出力」は、設定オプションやライブラリ「ログ出力(ファイル指定)」と併用し、指定したファイルに他のログと一緒にメッセージを記録できるので、用途に応じて使い分けができます。
ログ関連ライブラリ、使いこなしてくださいね!

以下の投稿もご覧ください ♪

マイナーなライブラリ使ってみた「ログ出力(ファイル指定)」

マイナーなライブラリ使ってみた「ログ記録」

★★★お知らせ★★★

みなさま、WinActorラウンジ2020への参加申込はお済みですか?
私たち技術支援チームのメンバーによる講演もありますので、
ぜひお申込みいただければ幸いです。

特設サイト:https://winactorlounge2020.jp/

申込は特設サイト の「開催概要」>「参加費・申込み」にあるリンクからお手続きいただけます。
※お申込み時にユーザーフォーラムへのログインが不要になりました。

申込期限は 2020年9月30日(水)までとなっていますので、お早めにお申し込みください。

質問の編集

回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。
会員登録(無料)する