1

分岐の条件に「等しい(曖昧)」を使ってみました。
使われてる場面ってほとんど見かけません。
どんな用途に向いてるんだろう?と。
★のポイントだけ飛ばし読みで大丈夫です。

 

深堀りのきっかけになったスレッド

https://winactor.com/questions/question/変数と変数の一致の分岐の方法/

 

操作マニュアルの説明

等しい(曖昧)

文字列として値1 と値2 が等しいかどうかを比較する場合に選択します。
カナや英数字記号の全角/半角、英字の大文字/小文字の違いがある場合でも、等しいと判定されます。

 

テストに使ったシナリオ

インプットボックス:変数
分岐:変数 等しい(曖昧) 値⇒東京都千代田区二番町3丁目
 True
  待機ボックス
 False
  待機ボックス

  • Trueに分岐
    東京都千代田区二番町3丁目
    東京都千代田区二番町丁目
    → 数字の全角半角は吸収してくれる
  • Falseに分岐
    東京都千代田区二番町1丁目
    東京都千代田区二番町3丁目1
    → 文字の相違は弾いてくれる

 

分岐の右辺を 値⇒東京都千代田区二番町セブン-イレブン麹町駅前店 でテスト

  • Trueに分岐
    東京都千代田区二番町セブン-イレブン麹町駅前店:「ハイフン」の変換で[半]を選択したものとイコールであることを確認
    → カナの全角半角は吸収してくれる
  • Falseに分岐
    東京都千代田区二番町セブンイレブン麹町駅前店:「ハイフン」の変換で[全]を選択
    → 記号の全角半角は弾かれちゃう!?

 

分岐の右辺を 値⇒東京都千代田区二番町セブン?イレブン麹町駅前店 でテスト

  • Trueに分岐
    東京都千代田区二番町セブン?イレブン麹町駅前店
    → カナの全角半角は吸収してくれる
  • Falseに分岐
    東京都千代田区二番町セブン?イレブン麹町駅前店
    → やっぱり記号の全角半角は弾かれちゃうっぽい

 

分岐の右辺を 値⇒東京都千代田区二番町1-1-1 でテスト★

  • Trueに分岐
    東京都千代田区二番町1-1-1:IMEオンで1-1-1をF8して確定

 

分岐の右辺を 値⇒true でテスト

  • Trueに分岐
    True
    true
    TRUE
    tRuE
    True
    true
    TRUE
    tRue
    tRue
    → 英数の全角半角大文字小文字は吸収してくれる
  • Falseに分岐
    tRue
    TRUE:Excel操作(書式を含めたコピー)内のExcel操作(範囲コピー)でセルA1の値TRUEをコピー、「クリップボード」経由で変数に格納
    → スペースや改行コードを含むと、文字の相違として弾かれる

 

思い浮かぶ「等しい(曖昧)」の用途

  • 表記ゆれを許容する場面
    たとえば表記ゆれが多い住所の判定(3丁目と三丁目は等しくないと判定されるので、万能ではなさそう)
  • がtrue/がfalse の代わりに、分岐の左右を出し分けたい場面

 

テスト前に抱いていた淡い期待

  • ニーズが多めな用途にも案外適応するのかも → そこまででもなかった
  • 「含む」も代用できちゃうかも → 「含む」はやはり正規表現で対応する必要がある

 

雑感

  • 分岐のプロパティの分岐名は大文字始まりなんだ、、

 

関連トピック

https://winactor.com/questions/question/条件式の比較演算子の使い方について/

https://winactor.com/questions/question/結果にtruefalseが格納されるライブラリの落とし穴/

anothersolution 質問の投稿
回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。