1

シナリオランチャー創作を試み、始めてみましたが、マクロ、コマンド・・アマチュアプログラマーには大変でした…。
苦心の完成…。

あらためて、マクロやコマンドを使わず、WinActorExcelの標準機能(に近いもの)のみでできないか考察してみまし
たのでシェアしたいと思います。

最初、WinAtorのボタンを作るのだから他からもってこないとできないだろう、WinActorのボタンをWinActorで作
ることは…と思っていましたが、そうでもなかったようです。すごく簡単にできて拍子抜け(いままで回り道してきた蓄
積はありますが…)でした。

①シナリオのフルパスをB3以降に記載

 ここは、技術に応じ工夫してフルパスを記載します。 

②ひな形を作成

 B列のフルパスをセルと同じ色にするなど見えなくします。
 B
列セルには、保護をかけて変更ができないようにします(セルの選択は可)

③シナリオボタンのシナリオをWinActorで作ります。

ライブラリは、わずか3つ…。

 イ、Excel操作(カーソル位置の読み取り)
   ファイル名    シナリオランチャー
         カーソル位置   選択セル

   ロ、Excel操作(値の取得
         ファイル名      シナリオランチャー
         シート名       値⇒
         セル位置       選択セル
         格納先変数      シナリオファイル

 ハ、シナリオGoto    
         シナリオファイル名 シナリオファイル
         データ一覧上の上書き要否 False

④シナリオボタンの起動ショートカットを作成します。

ツールから起動ショートカットで作成、
  イ、起動後に実行
  ロ、実行完了後に終了
  ハ、タスクトレイに常駐(最小化起動のこと)

の3カ所にチェックを入れて保存します。

これで完成です。

シナリオを開くときには、『選択セル(B)にカーソルを置き、シナリオボタンショートカットを押し』ます。
フルパスがB列に入っていれば、どのシナリオもこのボタンで起動できます。
選択セルの値取得⇒シナリオGoto

 Excelにハイパーリンク(リンク)を挿入

 便利にしようと思えばいくらでも…の世界ですが、すこしだけ欲張ってみます。

挿入⇒図形で図形を作り、そこにハイパーリンク(リンク)を埋め込みます。
ハイパーリンク先はシナリオボタンショートカット。
これで、B列セルを選択し、起動ボタンを押すと(セル位置はずれないので)シナリオ起動することができます。 

⑥デメリット

  イ、Ver7だと大丈夫ですが、Ver6だと起動が遅く実用が難しいかもしれません。
    ロ、選択セルにカーソルをおいて起動ボタンを押すことが必要です。
    ハ、データ一覧を使い☑をする用途の場合には使えません(別に用意。開くだけなのでフルパス×ハイパーリンクで作れる)

   最大のメリットは、創作が簡単なことです。
   Excelのインターフェイスの工夫によって使いやすくできそうだと思います。

もし、WinActorのライブラリで図形のセル位置の取得ができれば、B3、B4…にボタンを配置して、
ボタンのみの運営もできそうです(マクロやスクリプトであれば可)。

質問の編集

回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。
会員登録(無料)する