0

IEからページ内の情報を取得し、内容を載せたCSVファイルを作成する業務の自動化をしています。

CSVファイルのデータは ”データ” として「"」で囲む必要があり、

テキストファイル書き込みと追記のライブラリを用いて、空のデータで過去のCSVファイルを上書きし、

1行分の文字列を作成し、繰り返し追記していくシナリオです。

とりあえず、上記のやり方で今回はうまくいけそうです。

しかしここでふと、疑問というか好奇心が湧いてきました。

Excel操作のライブラリの値の取得や設定と同じトーンで、CSVファイルの指定した行と列の値を取得したり、別の値を設定したりするライブラリがあればいいなと。

さっそく自作を試みたのですが、これが自分のスクリプトが何をしているのか、自分でも混乱してきた次第です。

まだまだ色々と勉強中の身であります。

Q&Aではありますが、一つのトピックとして、提示したいと思います。

すでに解決された方、アイディアをお持ちの方、参考になるような情報をお持ちの方、

そうでなくても、この疑問に乗っていただける方の様々なご回答をお待ちしております。

よろしくお願いいたします。

編集済みのコメント

PowerShellにはCSV操作用のオブジェクトが備わっているので、それを使った汎用的なスクリプトを作成してもよいかもしれませんね。
https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/microsoft.powershell.utility/import-csv

PowerShell操作は頭になかったです。
リンク拝見しました。
WinActor最新バージョンは確か、PowerShellを扱う機能が追加された認識です。
それと組み合わせて利用してみようかなど、思い浮かびました。
ありがとうございます。

私も過去にテキストファイルの指定行読込のスクリプトを書いて投稿しましたが、
列の指定までは思い至りませんでした。
_
Excelで開かない事でメモリの節約ができ、面白そうではあるのですが、
Excelのライブラリで事足りるので実業務でどこまで必要となるかは
未知数な分野ですね。

スクリプト探究者さま、さすがに自作ライブラリでも先行されてますね。
このたびのCSVファイル操作が必要と思い立った経緯は、
「”データ1”,”データ2”」のようなCSVファイルをExcel操作して保存すると
「データ1,データ2」のように「”」が削除されてしまうことがきっかけです。
ですので、読み込みだけではなく、CSVファイルへの書き込みがセットになって、
意味のある自作機能です。
しかし、CSVファイルを上記の条件で書き込みするようなライブラリの自作は
本当に難しいです。
いまだ良い解決策がありません。
ご意見ありがとうございます。