0

1.WinActorのバージョン

 6.3.0

2.現状

 使うファイル

 ①転記元のエクセルファイル

   ファイルパス:C:\Users\ユーザー\Desktop\転記元ファイル.xlsx

   シート名  :転記元シート

   行数    :0~約50行

   A列、B列、C列、D列の組み合わせはバラバラ。

   E列には、転記先のどの行に転記されたかを記録する。

  【↓転記前の転記元ファイルの状態↓】

   

 ②転記先のエクセルファイル

   ファイルパス:C:\Users\ユーザー\Desktop\転記先ファイル.xlsx

   シート名  :転記先シート

   行数    :0~約1500行

   A列には転記元のA列、B列は空白、C列には転記元のC列、D列には転記元のB列が転記されます。

   【↓転記前の転記先ファイルの状態↓】

3.やりたいこと

 転記元のD列:転記キーと、転記先のE列:転記キーが一致する場合のみ

 A列には転記元のA列、B列は空白、C列には転記元C列、D列には転記元のB列が転記したい。

 E列には、転記先のどの行に転記されたかを記録する。 

 転記先ファイルに空きの行がない場合は、次以降の行に転記する(例:転記先ファイルの7行目)

 【↓転記後の転記先ファイルの状態↓】

 

 【↓転記後の転記先ファイルの状態↓】

4.試したノードの組み合わせ

 ①:転記元の行番号と、転記項目を上の行から取得

 ②:転記先の行のうち、転記キーが一致する場合のみ転記を行う。

   転記先の行番号を転記元に記録する。

   ※一致しない場合→転記先の行番号を+1。転記先の行数分繰り返す。

 ③:①を転記元の行数分繰り返す。

5.困ったこと

 転記先の行数が1500行ほどあるので、一致する転記キーが転記先の下部にある場合に、転記に時間がかかる。

 【↓困った例↓】7行目から11行目までは空振りになる。実際には数百行空振りになることもある。

6.質問

もっと転記が高速になるノードの組み立て方はあるでしょうか。

よろしくお願いいたします。

NoName 新しいコメントを投稿
回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。