2

Excel開く(前面化)でマクロがエラーになる
ダブルクリックでは正常に起動できるのに、、
これまでは、マクロ入りExcelファイルもExcel開く(前面化)で正常に開けたのに、、
何でだろう、、
手動で正常なので、WinActorのせいっぽく感じる、、

こんな症状にお困りだったり、今後遭遇してドツボにハマる見込みのかた向けの情報です。
手っ取り早く対策だけ知りたいかたは★部分だけどうぞ。

 

 

環境

Win10
WinActor630
Excel2016

 

ファイルの概要

XLSMファイル
ダブルクリックで正常に起動する
起動と同時に、範囲の値クリアとカーソルのセットを実行する仕様
制約と事前準備をなるべく廃して、テストでも本番でも前後の流れをスムーズに繋ぐための小さな気遣い
終了時もほぼ同じ内容を実行する仕様
ほかは関数が入ってる程度

 

エラーの再現方法

Excel開く(前面化)
┗ フルパスのみ設定
┗ フルパスとシート名を設定
マクロ実行時エラー
SheetsのSelectに失敗
"_Global"オブジェクト

 

試しても同じか近い症状だったアプローチ

Activate
ExcelBook.Worksheets(“Sheet1”)〜
ThisWorkBook.〜

 

うまくいった組み合わせ

ファイルと関連づいているアプリ起動★
ウィンドウ前面化★

 

最終的に採用したアプローチ

Excel開く(前面化)のみで強行突破
(XLSMファイルにOn Error Resume Nextを配した)★
終了時の実行は効いてるっぽく、起動後は意図通りの状態になってる
起動時の実行は外してしまっても良いのかもしれない

 

きっとホントの原因

変数とかオブジェクトの宣言とか、動作する範囲でしきたりを疎かにしてること

簡潔を旨とする
いきなりSheets(“Sheet1”).Selectとか
適宜Withを活用とか

 

対処後の所感

Excelは寛容
WinActorは厳格

 

 

まだExcel開く(前面化)のスクリプトは読み込んでいません。
厳格ポイントが判ったら続報します。
「ココだよ!」の情報等、ウェルカムです。

この質問は解決済みのためクローズされています。
新しいコメントを投稿
申し訳ありません。回答とコメントを閲覧するにはログインが必要です。会員登録はこちらからアクセスしてください。