3

WinActor操作マニュアルの中の、「表6.4-19WinActor独自関数」に、

    ShowUMSHighlight(ウィンドウハンドル) → ハイライト表示関数

とあり、実際にライブラリにも、

' ====ハイライトを表示する========================================================

' HwndプロパティはExcel2002以降のみ対応
On Error Resume Next
  ShowUMSHighlight(xlsApp.Hwnd)
On Error Goto 0

' ====変数に書き込む==============================================================

 
という感じで使用されています。
しかしながら、なぜこのような関数が存在し、
ライブラリ中の記述が何を行っているのか理解できておりません。

 
もしご存知の方がいらっしゃいましたら、ご解説いただけないでしょうか?

この質問は解決済みのためクローズされています。
ベストアンサーとして選択しました

回答がないようなのでサポートのほうへ問い合わせてみたいと思います。
何らかの答えがでましたら追記いたします。