10

NTTデータWinActor技術支援チーム 投稿2021年1月8日

こんにちは、NTTデータWinActor技術支援チームのQです。

利用者の皆様にはWinActorをもっと便利にして頂ければ幸いと考えています。
WinActorもっと使いこなして、楽しちゃいましょう!
今回は、「ファイルの保存」(名前を付けて保存ウインドウ)の操作方法の一例をご紹介します。

 メモ帳の保存方法
1.Windowsアクセサリからメモ帳を開きます。
2.ライブラリ04_自動記録アクションから「エミュレーション」を選択し、シナリオの開始と終了の間に配置します。

 3.「エミュレーション」のプロパティを開き、ターゲット選択ボタンで、操作対象のウィンドウ情報を取得します。
4.「エミュレーション」の「操作」をAlt→F→Aの順に押下されるように設定します。(図を参照)
  ※「名前を付けて保存」ダイアログ呼出しのショートカットキーです。
    Alt=メニューバーの「ファイル」にカーソル移動
    F=「ファイル」を選択
    A=「名前を付けて保存」を選択
5.更新をクリックしてプロパティを閉じます。

※メモ帳を編集後、タイトルに「*」が付く場合、事前に設定したウィンドウの識別情報と、
  実際のウィンドウタイトルが変わってしまいます。
  ウィンドウタイトルが変わる場合は、
  下記6.~9.で「ウィンドウ識別ルール」の編集をしてください。
 6.ウィンドウ識別ルールをクリックします。
 7.ウィンドウ識別名から「無題-メモ帳」をクリックします。
 8.ウィンドウタイトルの識別方式を「を含む」に変更します。
 9.ウィンドウタイトルの文字列を「メモ帳」に変更します。

10.ライブラリ14_入力欄操作の「名前を付けて保存画面ファイル名入力」を2.の「エミュレーション」の下に配置します。
 ※「名前を付けて保存画面ファイル名入力」内の「ファイル名の指定」は、ノード「クリップボード」、「ファイル名入力」はライブラリ「エミュレーション」です。

 11.「名前を付けて保存画面ファイル名入力」の中の「ファイル名の指定」のプロパティを開き、「設定値」にファイル名を入力します。
   ※ラジオボタンはデフォルトで「クリップボードへ値を設定」です。
12.更新をクリックして閉じます。

 13.「名前を付けて保存画面ファイル名入力」の中の「ファイル名入力」の編集は不要です。
   「ファイル名入力」は 「名前を付けて保存」ダイアログのウィンドウ名と、
   「ファイル名の指定」で設定したファイル名をペーストするショートカット、保存までの操作があらかじめ設定されています。
  ※「ファイル名(N)」へのカーソル移動から保存までのキー操作です。
    Alt+N=「ファイル名(N)」入力欄へカーソル移動
    Ctrl+V=ファイル名をペースト
    Enter=保存 ※11.~13.の設定で右図の「名前を付けて保存」ダイアログ操作を行います。

以上でメモ帳の保存方法の設定は完了です。
実行してみて、指定のフォルダに保存されるか確認してください。

   本投稿のキャプチャー等取得環境
   OS:Windows10
   WinActor Ver:7.1.1

※「いいね」はユーザーフォーラムに会員登録済みの方がログインしているときに押下できます。
ユーザーフォーラムの会員登録はメールアドレスがあればどなたでも無料で登録できます。
会員登録すると、質問への回答が見られたり、共有シナリオや事例集のダウンロードといった特典がございます!

技術支援チームQ 質問の編集
回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。