7

NTTデータWinActor技術支援チーム 投稿2021年4月27日     
こんにちは、NTTデータWinActor技術支援チームのQです。  
利用者の皆様にはWinActorをもっと便利にして頂ければ幸いと考えています。
WinActorをもっと使いこなして、楽しちゃいましょう!
今回は、Chromeの自動記録に必要なChrome拡張機能(WinActor Chrome Agent)のインストール方法をご紹介します。
※掲載しているWeb ブラウザの画面は、Google Chrome バージョン 90.0 を用いています。
  お使いのバージョンや設定により画面が異なる可能性ございますので、予めご了承ください。

■Chrome拡張機能がインストールされていない場合
  Chrome拡張機能(WinActor Chrome Agent)がインストールされていない場合、Chromeの自動記録をしようとすると以下のエラーが発生します。
   例)ターゲット選択ボタンでChromeのウィンドウを選択>記録ボタンをクリック>エラー発生

■Chrome拡張機能(WinActor Chrome Agent)のインストール方法
1.WinActor画面の上部メニューの「ツール」をクリックします。
2.リストから「Chrome拡張機能をChromeにインストール」をクリックします。
3.ダイアログのOKボタンをクリックします。4.ダイアログのOKをクリックしてください。
   ※Google ChromeでChromeウェブストアが開かれた場合は手順6.へ進んでください。
5.Google Chrome以外のブラウザでChromeWebストアが開いた場合はアドレスバーのURLをGoogle Chromeのアドレスバーにコピー&ペーストして開いてください。6.右上部の「Chromeに追加」ボタンをクリックします。
7.アクセス権限に関する確認画面の内容を確認し、問題がない場合は手順8.に進みます。
8.ダイアログの「拡張機能を追加」ボタンをクリックします。9.Google Chrome のウィンドウを閉じて、再度開きます。
10.Google Chrome で「chrome://extensions/」のページを開きます。
11.「WinActor Chrome Agent」拡張機能が表示されていることを確認します。■ローカルに存在するHTML ファイルの操作を記録する場合
12.「WinActor ChromeAgent」拡張機能の「詳細」をクリックします。
13.詳細ページ下部付近の「ファイルのURL へのアクセスを許可する」をON に設定します。■以上でChrome拡張機能(WinActor Chrome Agent)のインストールは完了です。
 インストールが完了すると、Google Chromeの自動記録が可能になります。
 例)ターゲット選択ボタンでChromeのウィンドウを選択>記録ボタンをクリック>ウェブページの操作対象をクリック>シナリオグループ形成

以上が以上でChrome拡張機能(WinActor Chrome Agent)のインストールする方法です。
Chrome拡張機能に関する内容は、WinActorインストールフォルダ内の「Chrome 拡張機能インストールマニュアル(WinActor_Chrome_Agent_Installation_Manual.pdf)」に記載されています。

  本投稿のキャプチャー等取得環境  
  OS:Windows10   
 WinActor Ver:7.2.0

※「いいね」はユーザーフォーラムに会員登録済みの方がログインしているときに押下できます。
ユーザーフォーラムの会員登録はメールアドレスがあればどなたでも無料で登録できます。
会員登録すると、質問への回答が見られたり、共有シナリオや事例集のダウンロードといった特典がございます!

技術支援チームQ 質問の編集
回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。