0

Word操作のライブラリにも、一括の手法が有効でした。

https://winactor.com/questions/?q=一括

 

きっかけのスレッド

https://winactor.com/questions/question/winactorノート使い方/

 

ベースライブラリ

Wordファイルの表の値を取得するライブラリ
https://winactor.biz/library/2018/11/09_428.html

 

加工手順

  1. 変数定義の行を、直下に好きなだけ複製
  2. 複製した行の変数の末尾に連番を付ける

 

1情報分を増やす例

tabelNum1 = !表番号1!
row1 = !行番号1!
column1 = !列番号1!
Dim result1
result1 = Replace(targetWdObj.Tables(tabelNum1).Cell(row1,column1).Range.Text, Chr(7), "")
SetUmsVariable $格納先変数1$, result1

 

使ってみた所感

  • 一瞬でステキ
  • 設定画面で、表/行/列番号と格納先変数が遠ざかる
  • 工夫すれば、設定画面でも1セット毎のブロックにできるのかも
  • その他、これまでの一括シリーズと同じにつき割愛

https://winactor.com/questions/?q=一括

 

想定活用場面

  • フォルダ内の定型WordやPDFから、10項目をExcelにリストアップ

 

ほぼペアで使うことになるライブラリ

  • Excel操作(行の書き込み)

Excelファイルで行の値を設定するライブラリ
https://winactor.biz/library/2019/07/19_1013.html

https://winactor.com/questions/?q=プチライブラリ使ってみた「Excel操作(行の書き込み)」「Excel操作(列の書き込み)」

 

シナリオ化の視点

  • カウントアップでファイル名を順次拾えば、一気通貫のシナリオに仕上がる算段

https://winactor.com/questions/?q=フォルダ内+ファイル名

 

注意を要するポイント

  • カウンタ変数のダブルカウント

https://winactor.com/questions/question/excel操作行の読み取り等を複数使って、n行目から始/

 

お気づきの点があればお知らせください。
便乗ウェルカムです。

  • ここが課題
  • こうなれば助かる
  • こうしたらより便利
  • 1ライブラリにしてみた
Yuzunoki 回答した質問
回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。