TOPWinActorラウンジ2019レポートWinActorラウンジ2019レポート : メインルーム講演
WinActorラウンジ2019レポート トップページへ

基調講演

世界の経営学から見る未来の企業の在り方

人工知能(AI)やRPAの普及が加速し、あらゆる分野で業務の自動化がトレンドになっている今、従来人が行っていた単純作業や重複作業をテクノロジーが代替することによって企業、とりわけ組織や人材はどう変わっていくのか。世界の経営学から見た今後の企業の在るべき姿について著名な経営学者、入山章栄氏(早稲田大学ビジネススクール教授)に基調講演をいただきます。

入山 章栄
早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール 教授

慶應義塾大学経済学部卒業、同大学院経済学研究科修士課程修了。
三菱総合研究所で、主に自動車メーカー・国内外政府機関への調査・コンサルティング業務に従事した後、2008年に米ピッツバーグ大学経営大学院よりPh.D.を取得。 同年より米ニューヨーク州立大学バッファロー校ビジネススクール助教授。2013年より早稲田大学大学院 早稲田大学ビジネススクール准教授。2019年より現職。「Strategic Management Journal」「Journal of International Business Studies」など国際的な主要経営学術誌に論文を多数発表。主な著書に、『世界の経営学者はいま何を考えているのか』(英治出版)、『ビジネススクールでは学べない 世界最先端の経営学』(日経BP社)他。

主催者講演

未来の社会をデザインするRPA
‒ NTT データの展望 ‒

ここ数年「働き方改革」に後押しされ、RPAの導入が一気に進んだように見えますが、本格導入は道半ばで効果も限定的だとお考えではないでしょうか。本セッションでは、本格導入に向けた課題と対策や、NTTデータが考えるRPAの本来の価値についてご紹介します。

園田 勝一
株式会社NTT データ 執行役員 社会基盤ソリューション事業本部長

1989年NTTデータ通信株式会社(現、株式会社NTTデータ)に入社。主に公共部門において、地方公共団体向けシステム構築に従事した後、多くの新規ソリューションを企画し新サービス創出を推進してきた。2015年から第二公共事業本部ヘルスケア事業部長、2018年からは社会基盤ソリューション事業本部長として、クラウドビジネスや先進テクノロジーを活用したソリューションのグローバル展開を推進している。

特別講演

製品ロードマップ
「DX を支えるWinActor の最新動向」

WinActorはNTT研究所で最初の産声をあげ、NTTアドバンステクノロジで2014年に商用サービス化してから6年で導入社数3500社超、国内トップクラスのシェアを誇るRPAに成長しました。企業のデジタルトランスフォ-メーションを支えるために、より使いやすく進化していくWinActorの最新機能と今後のロードマップをお伝えします。

高木 康志
NTT アドバンステクノロジ株式会社 取締役 AI ロボティクス事業本部長

1987年~2015年
NTTにて、ネットワーク/IT関連業務に従事
2015年~ 2018年
外資系ベンダーにて、ネットワーク/IT系業務に従事
2018年~
NTTアドバンステクノロジ(株) 取締役 AIロボティクス事業推進室 室長
2019年4月~
同社 取締役 AIロボティクス事業本部長

WinActor全社展開推進

参加企業
アフラック生命保険株式会社 AGC株式会社
みずほ情報総研株式会社 三菱商事株式会社

RPA推進がミッションの皆様。いざ本格化検討を始めると、悩みが尽きないのではないでしょうか。NTTデータにも、「RPA全社展開のあるべき姿とは?」「どのように業務部門を巻き込んでいくのか?」等、日々相談が寄せられます。
講演では、WinActor導入の先をゆくユーザー企業4社にご登壇いただき、直面した課題や悩み、実際の取組などリアルなストーリーを、パネルディスカッション形式でお伝えします。

講演会レポート