TOP【製品・サービス】オンプレミス型AI-OCR 『Cube』

オンプレミス型AI-OCR 『Cube』

まずは「無料」でお試しください

リスクゼロで、働き方改革の一歩を

無料トライアルの詳細はこちら

自社環境で高セキュリティなAI-OCR

AI inside Cubeは閉塞環境でAI-OCRが利用可能なモデルです。個人情報やマイナンバー、機密情報などインターネット経由で外部に送信することはできないといったケースでも、AI inside Cubeならネット環境不要なため、よりセキュアな業務への対応が可能になります。

自社環境で高セキュリティなAI-OCR

短時間で大量の帳票処理を実現

AI inside Cubeは1時間あたり7200項目~39500項目まで処理が可能です。伝票、申込書、送付書、請求書、注文書など1日に大量に処理を行わなければならない状態でもAI inside Cubeなら読取が可能です。
自社の閉塞環境で行うのでクラウドのように遅延の影響も受けにくく、安定稼働を実現します。

AI inside Cubeはお客様の処理量・ご要望に応じた3つのモデルをご用意しております。

AI inside Cube mini

AI inside Cube

AI inside Cube Pro

製品名 AI inside Cube mini AI inside Cube AI inside Cube Pro
主な特徴 スモールスタートが可能
場所を選ばずオフィスワークに最適
バックヤード業務の大量処理にも 処理性能No.1
増設も容易
サイズ 約150mm / 辺 約300mm / 辺 19インチラック2U
(ラックマウント型)
ストレージ 512GB 1TB 2TB
処理性能 約7,200項目/時間 約25,000項目/時間 約39,500項目/時間
1日あたり
稼働可能時間
24時間/日 24時間/日 24時間/日

※ AI inside Cube miniの1日あたりの稼働可能時間24時間は室温25℃以下でのご利用が前提となります。
※ Multi Form 機能を搭載していない場合の一体型での処理性能となります。Multi Form 機能を搭載する場合の処理性能はAI inside Cube mini及びAI inside Cubeで約60%程度、AI inside Cube Proで約80%程度の処理性能数値となります。※ 2021年3月24日時点の情報となります。今後変更の可能性もございますのでご了承ください。

製品名 AI inside Cube mini AI inside Cube AI inside Cube Pro
電源ユニット 65W (電源ケーブル100V × 1) 700W(電源ケーブル100V × 1) 700W(電源ケーブル100V × 1)
外形寸法 156mm(高さ)×
150mm(幅)×154mm(奥行)
308mm(高さ)×
300mm(幅)×300mm(奥行)
19インチ2Uラックマウント
88.6mm(高さ)×
484mm (幅)×660mm(奥行)
重量 約2.5kg 約11.0kg 約17.0kg
導入セキュリティソフト Clam-AV Clam-AV Clam-AV
ストレージサイズ 512GB 1TB 2TB
I/Oポート LANポート × 1
- 1000Base-T x1
LANポート × 2
- 1000Base-T x1(業務用)
- 1000Base-T x1(IPMI用)
LANポート × 2
- 1000Base-T x1(業務用)
- 1000Base-T x1(IPMI用)
USB3.1 (Type-C) × 1 USB3.1 Genポート × 1 [フロント]
 USB2.0(Type-A) × 2
[リヤ側]
 USB3.1Gen1(Type-A) x2
 USB3.1Gen2(Type-A) x1
 USB3.1Gen2(Type-C) x1
付属品「USB(Type-C)ハブ」を使用して接続
・モニター:HDMI
・マウス、キーボード:USB Type-A
Display Port × 1 HDMI x1
DVI-D x1
DisplayPort x1
VGA x1
電源ポート × 1 電源ポート × 1 電源ポート × 1

TOPページへ戻る