7

こんにちは、NTTデータ WinActor技術支援チームです。
いつもユーザーフォーラムをご利用いただき、ありがとうございます。
今回は、ノードロック版 WinActorのマイナーバージョンアップ手順の流れをご紹介します。

WinActorのマイナーバージョンアップを実施する際には、
現在、製品版ライセンスで利用中のWinActorと同じ資材種別(*)のインストーラーを使用し、
既存のインストールフォルダに対して上書きインストールを行います。
 (* 管理者ユーザー用、または標準ユーザー用)

<注意>
異なる資材のインストーラーを使用した場合、下記の状態が発生する可能性があります。
 ・WinActorが起動できない
 ・ライセンスが解除がされ、移管手続きが必要となる など

■利用中資材の確認方法
 WinActorのインストールフォルダ(WinActor.exeがあるフォルダ)内での「unins000.exe」の有無を確認します。
 ・unins000.exeが存在する → 管理者ユーザー用
 ・unins000.exeが存在しない→ 標準ユーザー用

■インストール資材の見分け方
 ・管理者ユーザー用
   資材名:WinActor_v6xx_i_expire_YYYYMMDD_DDdays.zip
   インストーラー名:WinActorSetup.exe
 ・標準ユーザー用
   資材名:WinActor_v6xx_inp_expire_YYYYMMDD_DDdays.zip
   インストーラー名:WinActorSetup_NoPrivileges.exe

■バージョンアップ手順
 【Ver.6】のマイナーバージョンアップ手順
    (例:Ver.6.2からVer.6.3へバージョンアップ)
  (1) Ver.6.2とVer.6.3の資材(管理者ユーザー用/標準ユーザー用)を揃えます
  (2) WinActor Ver.6.2を終了します
  (3) 標準ユーザー用を利用中の場合のみ、既存のインストールフォルダ内の
    「reg.ini」ファイルのバックアップを取得します(誤って消さない場所に配置)
  (4) WABAgent(CloudLibraryエージェント)を終了します
     (タスクトレイを表示し、WABAgentのアイコンが表示されていない場合は不要です)
  (5) Ver.6.3の資材で上書きインストールを実施します
  (6) WinActorを起動し、バージョンと製品版ライセンスで動作していることを確認します
     ⇒製品版での動作が確認できたら(3)のバックアップファイルを削除します

 【Ver.7】のマイナーバージョンアップ手順
    (例:Ver.7.2からVer.7.3へバージョンアップ)
  (1) Ver.7.2とVer.7.3の資材(管理者ユーザー用/標準ユーザー用)を揃えます
  (2) WinActor Ver.7.2を終了します
  (3) WABAgent(CloudLibraryエージェント)を終了します
     (タスクトレイを表示し、WABAgentのアイコンが表示されていない場合は不要です)
  (4) Ver.7.3の資材で上書きインストールを実施します
  (5) WinActorを起動し、バージョンと製品版ライセンスで動作していることを確認します

バージョンアップ資材は購入元の販売店より入手してください。
詳細な手順は、WinActorのインストールマニュアルをご確認ください。

お手元の資材ファイル名が異なる等、ご不明な点がある場合は
作業を実施する前に、お問い合わせされることをおすすめします。

Ver.6からVer.7へのメジャーバージョンアップをご希望の場合、
Ver.7からは仕様が変更となり、Ver.6と動作環境条件などが異なるため
実施の前に、Ver.7のご利用可能・不可能を含め確認が必要です。
また、上記マイナーバージョンアップとは手順が異なりますのでご注意ください。

技術支援チーム17 質問の投稿
回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。