9

【続編】Excelでエミュレーション操作が思うようにいかない

前回、Excelでのエミュレーション操作で思うようにいかない事象の原因・回避方法を記載しました。

そこで続編として、関連する内容2点を展開したいと思います。

前回の内容はこちらです ↓ ↓ ↓

Excelのエミュレーション操作が思うようにいかない

◆ 1点目 プルダウンのウィンドウ識別名の取得方法

Excelで出てくるプルダウンメニューに対して、ノードのウィンドウ識別ルールを書き換えるのではなく、

ターゲット選択ボタンでウィンドウ識別名を取得できます。

【手順】

① メイン画面 

 「設定」→「オプション」→「編集」→「ターゲット選択時にWinActorの画面を消す」にチェックを入れる

② ウィンドウ識別ルール画面等の「ターゲット選択ボタン」を押下する

③ 「Alt + Down」でプルダウンメニューを表示させる

④(クリックによりプルダウンが消えないように)プルダウン内のボタン以外の場所をクリックする
     ↓ 画像青い丸の部分のような場所

 

そのようにすることで、前回展開した方法の一つの「🔴ウィンドウ識別ルールを変更する」 で設定したものと同じ内容のウィンドウ識別ルールが作られます。

(ウィンドウ識別名はおそらく「空のウィンドウタイトル」となります。)

◆ 2点目 プルダウンを選択するとさらに出てくるプルダウンの操作方法

操作対象のプルダウンが変わるタイミングで、

ライブラリ「ウィンドウ識別クリア」を使うことによって操作可能になるようです。

例:昨日の日付でフィルタをかける(Alt + Down → F → D)

以上になります。

知らなかった方はぜひ試してみてください。

回答した質問
申し訳ありません。回答とコメントを閲覧するにはログインが必要です。会員登録はこちらからアクセスしてください。