7

こんにちは、NTTデータ WinActor技術支援チームのYMです。

いつもユーザーフォーラムをご利用いただき、ありがとうございます。

ちょっとマイナーなライブラリシリーズ、今回は「Excel操作(HyperLinkをクリック)」をご紹介します。

ライブラリの概要

「Excel操作(HyperLinkをクリック)」は、その名の通り、Excelファイル上のハイパーリンクをクリックするライブラリです。

Excelファイルのパスと、クリックするセルを指定するだけで、リンク先のサイトやファイルを開くことのできる便利なライブラリです。

実際に使ってみる

リンク一覧ファイルには、予めユーザーフォーラムのハイパーリンクを設定しておきます。

B2セルをクリックして、サイトを開いてみましょう。

実行すると、ユーザーフォーラムのサイトが開きます。

次に、B3セルをクリックして、リンクされたExcelファイル「テスト用ファイル」を開いてみましょう。

リンク先の「テスト用ファイル」が開きました。
またメモ帳やWordなど、他の種類のファイルも同様に開くことができます。

実際に使ってみた感想

プロパティの設定はとても簡単でした。

Excelの一覧表に一手間かけてハイパーリンクを設定しておけば、このライブラリ1つでファイルやサイトが開けるので便利です!

Excelの表にサイトのURLの一覧があり、それを繰り返しで順に変数に取得、その変数をライブラリ「URLを指定してIE起動」などに設定してサイトのページを開く、といった処理をするケースはよくあるので、そんなときに使ってみたいライブラリだと思いました。

注意点としては、プロパティでセルを指定する際、対応形式がA1 形式のみ、ということ。
また、リンク先のページが最前面で開かず、リンクを記載したExcelの後ろで開くことがあるので、その後の操作によっては「ウィンドウ前面化」やアクティブ化が必要かもしれません。

皆さんも、このライブラリをこんなふうに使ったことがあるよ、といった経験談がありましたら、ぜひコメントしてください。お待ちしています♪

この記事が面白かった、参考になったと思っていただけたら、「いいね!」ボタンを押してください。
それでは、また次回!

※「いいね」はユーザーフォーラムに会員登録済みの方がログインしているときに押下できます。
ユーザーフォーラムの会員登録はメールアドレスがあればどなたでも無料で登録できます。
会員登録すると、質問への回答が見れたり、共有シナリオや事例集のダウンロードといった特典があります!

質問の編集

回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。
会員登録(無料)する