4

Ver.6の目玉機能の1つ、「輪郭マッチンング」で、「異なるサイズの画像が認識可能となった」 ようです。
わたしは試しに使ってみた段階で、まだあまり実感が湧いておらず、採用に二の足を踏んでいます。

実業務で 「輪郭マッチンング」 を採用して効果を上げている例があれば、差し支えない範囲でご紹介いただけますでしょうか。
「特にこんな場合に使うと良い」 みたいな実感も伺えるとなお嬉しいです。

「輪郭マッチンング」 は 「画像マッチング」 の上位互換という側面もあると思います。
既に 「今後、新規作成時は原則輪郭マッチングを使う」 とか、「画像マッチングは積極的に輪郭マッチングに差し替える」 のように舵を切った向きもあると思います。
「あえて舵を切らなかった」、「様子見中」 等も含め、判断ポイント/理由あたりをお裾分けいただけないでしょうか。
 

▼ 参考情報
WinActor®Ver.6 機能紹介
WinActor_操作マニュアル.pdf (6.4.2 輪郭マッチング)
https://winactor.com/questions/?q="輪郭マッチング"
https://winactor.com/questions/question/輪郭マッチングについて/

この質問は解決済みのためクローズされています。
ベストアンサーとして選択しました

回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。
会員登録(無料)する