4

こんにちは、NTTデータ WinActor技術支援チームです。
いつもユーザーフォーラムをご利用いただき、ありがとうございます。
今回はVer7.2.0から追加されたUIオートメーションについてご紹介します。

■UIオートメーションとは
ウィンドウが持つUI オートメーション要素の情報をダンプし、指定したファイルに出力します。

UIオートメーションの利用方法をご紹介します。
 動作概要 
今回は、Excelのリボンから日付書式を変更する操作を作成します。
  1.「数値の書式」を開く
  2.「長い日付形式」をクリック
実行結果


UIオートメーション利用方法は、”自動記録モード”または”ライブラリ”の2パターンあります。
【自動記録モード】
1.「記録対象アプリケーション選択」ボタンをクリック 

2.操作対象のExcelファイル上のウィンドウをクリック
 ※Excelをクリック後、「記録」ボタンが赤色に変わっていることを確認してください。

3.「▼」をクリック

4.「UI Automation」をクリック

※クリック後再度「▼」をクリックし、「UI Automation」の隣に✓(チェック)が付いているか確認してください。

5.「記録」ボタンをクリック

「記録」ボタンをクリックすると記録が開始されますので、Excelのリボンから書式変更する動作を行ってください。

【記録操作】
①赤枠をクリック

②「▼」をクリック

③「長い日付形式」をクリック

自動記録に成功すると、下記のようなノードがフローチャート画面に自動で生成されます。

赤枠のクリックノードは、長い日付形式を記録するために▼ボタンを押下した際生成されたノードです。
不要なノードですので、削除してください。

6.「記録停止」ボタンをクリック

「記録停止」停止ボタンをクリックし、自動記録モードを停止してください。
※「記録」ボタンをクリックすると、「記録停止」ボタンが有効化になります。

【ライブラリ】
 UIオートメーションのノードは、ライブラリタブの04_自動記録アクション>01_デバッグ>UIオートメーションにあります。

<プロパティ画面>

①「数値の書式」を開く
 1.「ターゲット選択」ボタンをクリック 

 2.対象のExcelファイルをクリック
  ※Excelをクリック後、ウィンド識別名の欄に自動でウィンドウ名が入力されます。

 3.「対象コントロール指定」ボタンをクリック 

 4.「数値の書式」をクリック

 5.「折り畳みメニュー」をクリック

 6.「開く」をクリック

選択した内容が、プロパティ画面に自動で表示されます。
コントロールパターン、アクション項目の「▼」から手動で変更することも可能です。

 7.「更新」をクリック

②「長い日付形式」をクリック
 1.①の1.2と同様の動作を行う

 2.対象コントロール指定の「▼」をクリックし、「即時」から「3秒」に変更
  ※対象コントロールの指定開始までの待ち時間を「即時」「3秒」「10秒」「30秒」から選択できます。

 3.「対象コントロール指定」ボタンをクリック

 4.「長い日付形式」をクリック

 5.「選択要素」クリック

 6.「この要素を選択する」をクリック

 7.「更新」をクリック

<コントロールパターン>
 折り畳みメニュー
  メニューやドロップダウンリストなど、折り畳める要素を操作することが出来ます。
 選択要素
  複数の選択項目に含まれる1 つの要素を操作することが出来ます。

<アクション>
 開く
  折り畳まれている要素を開き、既に開いている場合はそのままにします。
 この要素を選択する
  他の選択要素を選択解除状態にして、この要素を選択状態にします。

※今回ご紹介出来ていない「コントロールパターン」「アクション」がどのような要素に対応する操作なのか詳しくは、
 V7.2.0の、WinActor 操作マニュアルのUI オートメーションのプロパティ(P595~604)をご参照下さい。

<利点>
 イベント記録モードでは、指定することが出来なかったアプリケーションの要素に対しても自動的にシナリオのノードを作成できるようになりました。

<注意点>
 操作対象のウィンドウによっては使用できない場合があります。

【補足説明:コントロールパス編集について】

対象コントロールパス
 対象コントロールのコントロールパスを表示しています。
 コントロールパスは、[基本設定タブ]で[対象コントロール指定]を設定すると、自動的に生成されます。
 コントロールパスは、この画面で直接編集することができます。

おわりに
この記事が面白かった、参考になったと思っていただけたら、ぜひ「いいね!」ボタンを押してください。
コメントもお待ちしています。

※「いいね」はユーザーフォーラムに会員登録済みの方がログインしているときに押下できます。
ユーザーフォーラムの会員登録はメールアドレスがあればどなたでも無料で登録できます。

WA技術支援チーム 質問の投稿
回答とコメントは、会員登録(無料)で閲覧できるようになります。