TOPWinActorラウンジ2019レポートWinActorラウンジ2019レポート : 展示ルーム
WinActorラウンジ2019レポート トップページへ

EXHIBITION|展示ルーム

株式会社システナ

株式会社システナ

チラシを見る

音声連携・AI-OCR連携で業務効率化!

システナでは、『AmiVoice×WinActor』との連携で、音声を文字化!『AI-OCR×WinActor』との連携で、帳票をデータ化!その後の処理をWinActorで自動化を実現します!こんな作業が音声でできたら…。帳票のデータ化を手でやるのが大変…。そんな声にシステナがお答えいたします!デモもご用意しておりますので、WinActorを活用した連携ソリューションを実際に体験下さい。

株式会社ビジネスブレイン太田昭和

株式会社ビジネスブレイン太田昭和

チラシを見る

プロセスイノベーションサービス

プロセスイノベーションサービスは、最新テクノロジーの活用を視野に、デジタル経営に踏み出す企業を後押しするサービスです。単に現状業務をRPAで自動化するのではなく、テクノロジーを武器に戦える人材を育成し、デジタルトランスフォーメーションを推進します。自らRPAで業務改善を推進し、新技術の利活用・限界を理解・実行する人材を育成するため、技術支援に加え、意識改革やチームビルディングもサポートします。

株式会社NTTデータビジネスブレインズ

株式会社NTTデータビジネスブレインズ

チラシを見る

RPAとクラウドでペーパレスを加速する

電子帳簿保存法のすべて(帳簿・書類・スキャン書類)に対応した次世代のECMソリューション「PandoraClimber(TM)」をご紹介いたします。WinActor(RPA)やDX Suite(AI-OCR)と連携することでスキャン書類保存業務の自動化や効率化が可能です。2019年10月には電子契約・電子取引や文書管理機能もラインナップされ、クラウドでのサービス提供も予定しています。

株式会社アクシオ

株式会社アクシオ

チラシを見る

RPAライセンスコスト半減+AI-OCR

「RPAのライセンスコスト削減」と「AI-OCRの実力体感」をテーマとしたブースです。RPAライセンスの共有によりロボPCを大幅に削減する“OnRPA®”と複数のロボPCのタスク スケジューラをWebブラウザから一元管理を可能とする新製品“OnRPA2”もデモ紹介します。お客様に記載いただいた文字をその場でAI-OCR読取表示。DX Suiteの実力を体感ください。

ヒューマンリソシア株式会社

ヒューマンリソシア株式会社

チラシを見る

RPA導入・活用のカギは「教育」です!

WinActor導入のご支援をさせて頂き、教育実績1000社、受講者数6000名超、導入・活用支援企業社数は350社超となりました。今回の出展では、WinActor導入に欠かせない教育面でのサービス内容を余すところなくご紹介します。また、全社展開には欠かせない運用メソッドをまとめたサービスもご用意させて頂いておりますので、是非、弊社ブースにお立ち寄りください。更なる新サービスのご案内も予定しております。

コダックアラリスジャパン株式会社

コダックアラリスジャパン株式会社

チラシを見る

OCR+RPA 資材発注ソリューション

最近、OCRとRPAを組み合わせたソリューションを導入する企業様が増えてきています。本ブースでは、OCR+RPAによる資材発注ソリューションを展示し、OCRを導入する際のポイントや、RPAとの連携に必要なプロセスを紹介します。

ATマーケティング株式会社

ATマーケティング株式会社

チラシを見る

RPA×セキュリティ Appguard

「AppGuard」は、従来の 「検知駆除」型ではなく、攻撃の段階で脅威を遮断する「OS プロテクト型」の革新的な特許取得済みのエンドポイントプロテクション製品です。 過去20年以上一度も破られたことはなく、米国の政府機関や日本の大手企業での実績があります。WinActorとAppguardを連携する事により様々な外部脅威からシステムを守り安全な働き方改革を実現します。

パワードプロセスコンサルティング株式会社

パワードプロセスコンサルティング株式会社

チラシを見る

S-BPM×RPAによる新しい業務改善

RPA の使いどころでお困りではありませんか? RPAを活かすためにBPM 導入と言われていますが、課題に着眼する従来のBPMでは、人の作業を代替するRPA の活用が困難です。METASONICのサブジェクト指向を活用することでスムーズにWinActorの導入ポイントを明確にできます。さらにMETASONICはノンコーディングで業務管理システムを自動生成できるためスピーディに現場に導入できます。