TOPasa | ポイント
投稿した回答
Excel  グラフ範囲追加

Excelのグラフを操作することであれば、次の2つで対応した経験があります。 1.エミュレーションでグラフデータ範囲変更する方法 2.都度、グラフのデータソースとなる範囲をExcel操作(範囲選択)で、囲み、...

2019年12月5日
ベストアンサーに選ばれました
2019年11月19日
投稿した回答
Excel操作(値の設定)について

難しい話をしますと、複数のセルが含まれている範囲でvalueの場合、セルの値が配列形式(2次元配列)で取得できます。 が、この配列まで変数に収められることが可能かどうか不明です。(おそらく、出来ない)...

2019年11月14日
いいね!されました!
2019年11月13日
投稿にコメントしました

S.N様 再びコメントありがとうございます。 それをコピー&値のみ貼り付けの作業追加することも考えましたが、 「Excel操作(値の取得2)」のスクリプトを編集することで解決できました。

2019年11月13日
投稿にコメントしました

kenji様 ありがとうございます!できました^^ &””で数値を文字列化するのは何度もやっていた仕法だったのに 自分で気づけずハッとしました。 それと、質問していました条件下ではkenji様のコードで申し分なかったのですが、...

2019年11月13日
投稿にコメントしました

kenji様 ご回答ありがとうございます。 試作実行してみたのですが、格納された値が4.20764841764671E-02になってしまいました。 しかし、Evaluteメソッドを利用する方法、WorksheetFunction以外で、数式の実行結果が得られること初めて知りました。ありがとうございます。

2019年11月13日
いいね!しました!
VBスクリプトをユーザーライブラリに変換したい

ver6.xのwinactorノートを使えばできそうです。 bufをノートに入力 EOTへ移動 5回(6回かも)上のブロック(winactorノートでは1行をブロックと表現します)へ...

2019年11月12日
投稿にコメントしました

Mino様 ご回答ありがとうございます。 「Excelの書式設定」で(プロパティを 書式設定:文字列、ユーザー定義:空欄)実行後、「Excel操作(値の取得2)」(スクリプトはCell.Valueのまま)で...

2019年11月12日
投稿にコメントしました

S.N様 コメントありがとうございます。 そうなんです・・・この数式の時が厄介で。 これが、いろいろあって不可でした。

2019年11月12日
投稿にコメントしました

wakaba様 コメントありがとうございます。 Round関数は以前、偶数丸めの知識を知らずにハマって苦戦したことがあり、ちょっと使用を避けているとこがあります。変換する関数を作ってしまおうという、教えていただいたページとても参考になります。

2019年11月12日
質問しました
Excelの値取得(小数点以下16桁以上の値取得)方法について

Excelの小数点以下の値が存在するセルから取得して、演算するシナリオを実行していました。 実行結果が想定外の数値になっていたので、確認したところ...

2019年11月12日
いいね!されました!
2019年11月11日
ベストアンサーに選ばれました
2019年11月11日
投稿した回答
V6でのIE起動方法

IE起動(URL指定)・IE読み込み待ち は 「17_IE関連」-「URLを指定してIE起動」・「IE 操作(読込完了待ち) 」ではないでしょうか。ご確認ください。 添付いただいた画像の詳細についてはドキュメント、『WinActor_ブラウザ操作シナリオ作成マニ...

2019年11月11日
いいね!されました!
2019年11月10日
いいね!されました!
2019年11月8日
投稿した回答
変数を一括でクリアする方法

いくつか案として、 1.自作で各変数の一括クリア化のスクリプト実行を作る(WinActor 独自関数 のSetUmsVariableを利用する) 例) SetUmsVariabl $変数名1$, ""...

2019年11月8日
ベストアンサーに選ばれました
2019年11月7日
投稿した回答
顧客名から顧客コードを入力フォームにインプットしたい場合

そもそもの顧客情報の増減管理はどこで行われているのか考えてみて そこにWinActorが着手して顧客名と顧客コードが連想できる情報を取得できれば可能ではないでしょうか。...

2019年11月7日