TOPkenji | 回答数

ご質問の解決策の正攻法は、NTT ATのFAQにあるようにやはりレジストリの編集だと思います。 ユーザ個別でレジストリ編集を行わせるのはご指摘の通りリスクもあるかと思いますが、登録用のREGファイルを作成しダブルクリックで登録が行えるように手順を簡略化したり、あるいはGPOを導入されている環境でしたら対象PCのレジストリ値を一括で自動更新することも可能です。...

質問を見る
0 いいね! ベストアンサー

作成された自作プログラムはコマンドプロンプトで引数を渡して実行できるのでしょうか。そして、戻り値となるint型は標準出力で出力されるのでしょうか。以下の回答では、例えば自作プログラムをmyprog.exeとしたとき、コマンドプロンプトで下記のように3つの引数を渡して1つの整数値を出力するものと想定します。...

質問を見る
1 いいね! ベストアンサー 回答が編集されました

直接的な解決方法ではありませんが、例外処理でエラーになった際に対象のブラウザを再起動(終了して起動)して、現象は改善しますでしょうか。...

質問を見る
0 いいね!

安直な方法ですが、taskkill のコマンドを使えば起動している場合終了させ、起動していない場合何もしないということができますので、 ノードの「コマンド実行」を配置してプロパティにて...

質問を見る
1 いいね! ベストアンサー 回答が編集されました

個人的には、数量限定でもWinActorのステッカー、ネックストラップ、マグカップ、Tシャツなどオリジナルのノベルティグッズが売っていたらほしいなと思いました。...

質問を見る
4 いいね!

スクリプトでの対応ですが、ライブラリの「Excel操作(値の取得)」を下記のように書き換えると ご質問の目的を達成できると思います。 SetUMSVariable $格納先変数$,...

質問を見る
0 いいね!

下記のようにしてみてはいかがでしょうか SetUMSVariable $格納先変数$, xlsApp.WorksheetFunction.Subtotal(103, worksheet.Range("A:A")) - 1 Excelの外(VBScript)では、Rangeというメソッドは定義されていませんので、worksheetを付ける必要があります。

質問を見る
3 いいね! ベストアンサー

恐らく原因はIEのバージョンにあると思います。IEのバージョンによっては、ライブラリ「IE操作(指定CLASS内のテキストを取得)」内で使用されているgetElementsByClassNameメソッドが動かないようです。...

質問を見る
2 いいね! 回答が編集されました

WinActorのご質問ではなくWindowsのご質問かと思いますので、 下記のマイクロソフト コミュニティでご質問してみてはいかがでしょうか。 https://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum

質問を見る
4 いいね!

Set targetPptObj = objPpt.ActivePresentation Set text = targetPptObj.Slides(num_slide).Shapes.AddTextbox(1,x, y, w, h) text.TextFrame.TextRange.Text = str_text text.TextEffect.FontSize = 50 上記のようにすることで、フォントサイズ50のテキストが挿入できると思います。

質問を見る
0 いいね!
他の回答を読み込む