TOPコロナ対策応援プロジェクト

NTTデータにできること。 コロナ対策応援プロジェクト NTTデータは『 業務の自動化』で頑張る皆さまを応援します!

今回の新型コロナウィルスの事態をきっかけに、業務の自動化を進めたいとお考えの皆様、
一方で特別定額給付金の手続き対応等で業務がひっ迫していらっしゃる自治体の皆様を
応援するプログラム準備いたしました。

新型コロナ関連の事務全般に関わる日本全国の自治体職員の皆さまを対象に、
特別定額給付金支給業務、またその他の申請業務を自動化する
AI-OCRおよびRPAソリューションをご提供いたします。

SERVICE

01

「無償提供」特別定額給付金支給業務 自動化ソリューション【特別給付金支給業務限定】

紙資料をデジタルデータ化するAI-OCRサービス「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」

RPAソリューション「WinActor」

RPAソリューションのeラーニング

利用期間
2020年5月1日~2020年7月31日まで
お申し込み期限
2020年6月30日まで
お申し込み方法
NTTデータ、または「NaNaTsu AI-OCR with DX Suite」特約店までご連絡ください。
詳細はこちら

【 給付業務自動化イメージ 】

02

WinActor無償ライセンス【コロナ関係事務全般向け】 ※WinActor単体でのご提供

WinActor販売パートナーまでお問い合わせください。
WinActor販売パートナー一覧はこちら

販売パートナーがお決まりでない方は、NTTデータよりパートナーをご紹介させていただきますので、
ご要望を記載の上こちらからお問い合わせください。

03

【自治体様向けご相談窓口】のご案内

特別定額給付金に関わらず、新型コロナウィルス関連の各種補助金や給付金の支給事務申請処理の自動化について 、NTTデータの自治体支援担当がご相談を承ります。下記の宛先までご連絡ください。

ご連絡先:lgsupport@kits.nttdata.co.jp
NTTデータ RPAソリューション担当 自治体支援チーム

ご連絡の際は以下を記載いただけますと幸いです。
・ご所属
・お名前
・ご連絡先(電話番号、emailアドレス等)
・ご相談事項

こちらもパートナー企業で実施中の自治体支援プログラムです。ぜひお近くのパートナー販売特約店へご相談ください。

WinActor®

「WinActor」は日本国内におけるNTTアドバンステクノロジ株式会社の登録商標です。

DX Suite

「DX Suite」は日本国内におけるAI inside 株式会社の登録商標です。

NaNaTsu

「NaNaTsu」は株式会社NTTデータにて商標登録出願中です。

LGWAN-ASP

LGWAN-ASPサービスは、LGWAN のセキュアなネットワークを介して、利用者である地方公共団体の職員に各種行政事務サービスを提供するものです。LGWAN(Local Government Wide Area Network)とは、地方公共団体の組織内ネットワーク(以下「庁内LAN」という。)を相互に接続し、地方公共団体間のコミュニケーションの円滑化、情報の共有による情報の高度利用を図ることを目的とする、行政専用のネットワークです。インターネットから切り離された閉域ネットワークであり、高度なセキュリティーを維持できます。

NaNaTsu AI-OCR with DX Suite

NaNaTsu AI-OCR with DX Suite は、2019年11月1日より地方公共団体向けAI-OCRサービスとして提供を開始し、100以上の団体で利用されています。(2020年4月23日時点)